KADOKAWAに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム調査資料記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 2019年の家庭用ゲーム市場は0.6%増の4368億円と微増...

2019年の家庭用ゲーム市場は0.6%増の4368億円と微増 ハード減少もソフトがけん引 「ファミ通」調べ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、2019年(2018年12月31日~2019年12月29日)の国内家庭用ゲーム市場について、前年比0.6%増の4368.5億円と微増だったとの推計結果をまとめた。内訳は、ハードが6.2%減の1595.4億円、ソフトが5.0%増の2773.0億円(うちオンライン1104.0億円)だった。ハード市場は前年比マイナスだったが、2013年から2016年の市場規模を上回っており、依然として高い水準にあるとしている。 一方、 オンライン決済全体を含めたソフト市場は、 ダウンロード販売の拡大が続き、3年連続で昨年対比プラスとなったとのこと。
 


ダウンロード販売を含めた年間ソフトランキングは、372.6万本を販売した「ポケットモンスター ソード・シールド」(ポケモン/2019年11月15日発売/Switch)が他のタイトルと大きく差をつけ、首位を獲得した。

続く2位には「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」(任天堂/2018年12月7日発売/Switch)がランクイン。年間販売本数は137.2万本と、2018年から2年連続でミリオンタイトルとなった。ダウンロード版を含む累計販売本数は404.2万本とNintendo Switch向けソフトでは唯一の400万本突破タイトルとなり、 歴代1位となっている。上位2タイトルがミリオンヒットを達成したことで、Nintendo Switch本体の販売もけん引した。

ハード市場では、 Nintendo Switchの携帯版にあたるNintendo Switch Liteが登場し、9月の発売から4ヵ月で104.5万台を販売した。2機種合計で449.4万台を売り上げ、 昨年に続き年間販売台数のトップとなった。2017年3月に発売された同ハードは、3年目となる2019年も、 前年を1.3倍上回る好調な結果となっている。 なお、2位のプレイステーション4は、年間119.6万台を販売した。

2020年は、「あつまれ どうぶつの森」(任天堂/2020年3月20日発売予定/Switch)や「ファイナルファンタジーVII リメイク」(スクウェア・エニックス/2020年4月10日発売予定/PS4)といった期待の新作が登場予定。 ハード市場も、 プレイステーション5とXbox Series Xの発売が発表されており、ゲーム市場の新たな盛り上がりが期待される。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( KADOKAWA

企業情報(株式会社KADOKAWA)

会社名 株式会社KADOKAWA
URL http://www.kadokawa.co.jp/
設立 1954年4月
代表者 松原眞樹/井上伸一郎
決算期 3月
直近業績 売上高2086億0500万円、営業利益27億0700万円、経常利益42億0500万円、最終損益40億8500万円の赤字(2019年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 9468

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事