イマジニアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(3/23)】通期業績予想を増額のイマジニアが...

【ゲーム株概況(3/23)】通期業績予想を増額のイマジニアが3日ぶりに急反発 ガンホーなど主力株が総じて高い コナミHDも3日ぶりに反発

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
3月23日の東京株式市場では、日経平均は連休を挟んで3日ぶりに反発し、前日比334.95円安の1万6887.78円で取引を終えた。日銀によるETF(上場投資信託)買いへの期待に加え、ソフトバンクグループ<9984>が大規模な資産売却を原資とした自社株買いや負債削減策を発表し、ストップ高まで買われたことも指数を押し上げた。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、イマジニア<4644>が3日ぶりに急反発し、終値ベースで800円台を回復した。イマジニアは、先週末3月19日にスマホゲーム『メダロットS』の運営成績とニンテンドースイッチ用エクササイズゲーム『Fit Boxing』のリピート販売が想定以上に好調に推移し、2020年3月期通期の連結業績予想の上方修正を発表したことが市場の評価材料となったようだ。

また、ガンホー<3765>やグリー<3632>、ミクシィ<2121>、DeNA<2432>など主力株が総じて高く、コナミHD<9766>も3日ぶりに急反発した。

半面、アクセルマーク<3624>やモブキャストHD<3664>、Aiming<3911>などが安く、大手ゲーム株ではスクウェア・エニックスHD<9684>とカプコン<9697>の下げがきつい。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( イマジニア

企業情報(イマジニア株式会社)

会社名 イマジニア株式会社
URL http://www.imagineer.co.jp
設立 1986年1月
代表者 代表取締役会長 兼 CEO 神藏 孝之/代表取締役社長 兼 COO 澄岡 和憲
決算期 3月
直近業績 売上高45億6900万円、営業利益6億3500万円、経常利益8億5700万円、最終利益4億9600万円(2018年3月期)
上場区分 ジャスダック
証券コード 4644

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事