スマホアプリ&ソーシャルゲーム調査資料記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 『PUBG Mobile』が20年2月の世界モバイルゲーム売...

『PUBG Mobile』が20年2月の世界モバイルゲーム売上ランキングで1位 『モンスト』が「鬼滅の刃」コラボで3位に【Sensor Tower調査】

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


米国の調査会社Sensor Towerは、3月24日付けのレポート「Top Mobile Games by Worldwide Revenue for February 2020」で、Tencentの『PUBG Mobile』が2020年3月のモバイルゲーム売上ランキングで首位に立ち、ユーザー支出が1億9160万ドル(約212億円)に達したとの推計結果を公表した。その内訳は、中国が71%、米国が7.3%、サウジアラビアは4%とのこと。

2位にはTencentの『Honor of Kings』が続いた。このTOP2は2019年12月から変わらずTencentの独壇場となっている。収益は1億2160万ドル(約134億円)で、その92.6%が中国で、タイの3.7%が続くと、Sensor Towerは説明している。

さらに同Blogで公開してるランキング表では、総合でミクシィ<2121>の『モンスターストライク』が先月の8位から3位に、バンダイナムコエンターテインメントの『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が1月のTOP10のランク外から5位にランクインしている。

『モンスターストライク』では2月に「鬼滅の刃」コラボを実施、『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』では1月29日より5周年キャンペーンを実施しておりその影響が大きく出たと考えられる。

また先月TOP10入りをしたLilith Gamesの『Rise of Kingdoms』が更に順位を伸ばし7位に、また『AFK Arena』も4位に留まっており、好調をキープしている。

さらにイスラエルのテルアビブを拠点とするMoon Activeが開発した『Coin Master』が9位にランクインしたのは注目だろう。

(※)今回のレポートの推定はApp StoreとGoogle Playからで、サードパーティのAndroidは含まれないとのこと。


【関連サイト】
Top Mobile Games by Worldwide Revenue for February 2020
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事