コムシードに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(3/31)】Nintendo Switch向...

【ゲーム株概況(3/31)】Nintendo Switch向け第4弾タイトル発表のボルテージが買われる 新作の事前登録を開始のコムシードも急動意

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
3月31日の東京株式市場では、日経平均は続落し、前日比167.96円安の1万8917.01円で取引を終えた。前場はプラス圏で推移する場面があったものの、新型コロナウイルスの感染拡大による景気の低迷が長期化するとの見方から次第に値を崩した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、Aiming<3911>やボルテージ<3639>、ブシロード<7803>などが買われた。ボルテージは、Nintendo Switch版の第4弾タイトルとして、読み物アプリ「100シーンの恋+」内の人気タイトル「上司と秘密の2LDK」を5月7日より配信開始すると発表したことが市場の関心を集めたようだ。

また、コムシード<3739>が前場中ごろより急動意を見せた。コムシードは、グローバルゲーム開発社連合であるKRAFTONから国内配信権を取得した新作の名称が『ビッグバッドモンスターズ』に決定し、6月からの配信歌詞に向けて事前登録を開始したと発表したことが株価の刺激材料となったもよう。

半面、オルトプラス<3672>は4日続落となり、ミクシィ<2121>やコロプラ<3668>、DeNA<2432>など主力株の一角もさえない。

前日にストップ高まで買われていたギークス<7060>は利益確定の売り物に押された。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ボルテージコムシード

企業情報(株式会社ボルテージ)

会社名 株式会社ボルテージ
URL http://www.voltage.co.jp/
設立 1999年9月
代表者 代表取締役会長兼社長 津谷祐司
決算期 6月
直近業績 売上高73億91百万円、営業利益-10億42百万円、経常利益-10億67百万円、当期純利益-13億28百万円(2018年6月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3639

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事