19年12月-20年2月決算、東宝に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 東宝、2020年2月期の営業利益は17%増の528億円…「天...

東宝、2020年2月期の営業利益は17%増の528億円…「天気の子」がメガヒット、話題作や定番のアニメ作品も貢献

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


東宝<9602>は、4月14日、2020年2月通期の連結決算を発表し、営業収入2627億円(前の期比6.7%増)、営業利益528億円(同17.5%増)、経常利益550億円(同18.3%増)、最終利益366億円(同21.2%増)と2桁の増益を達成した。

 


同社では、台風等の天候不順の影響もあったが、新海誠監督作品「天気の子」がメガヒットを記録しロングラン興行となったほか、多数の話題作や定番のアニメ作品を配給し、演劇事業でも様々な話題作を提供した、としている。

映画事業を中心にセグメント報告からピックアップしていくと、以下のようになる。


 
■映画営業事業

営業収入は488億円(前の期比9.5%増)、営業利益は124億円(同23.4%増)となった。

製作部門では、東宝において「天気の子」「名探偵コナン 紺青の拳」「キングダム」「記憶にない!」等の25本、国際東宝において「名探偵ピカチュウ」「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の共同製作を行い、また、東宝において劇場用映画「思い、思われ、ふり、ふられ」等を制作した。

映画営業事業のうち配給部門では、当連結会計年度の封切作品として、東宝において前記作品の他、「映画ドラえもん のび太の月面探査記」「映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~」を含む29本を、東宝東和等において「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」「ペット2」等の20本を配給した。


 
■映画興行事業

営業収入は912億円(前の期比8.6%増)、営業利益は149億円(同18.7%増)となった。映画興行事業では、TOHOシネマズ等において、前記配給作品の他に、「アラジン」「アナと雪の女王2」「トイ・ストーリー4」など邦洋画の話題作を上映した。当連結会計年度における映画館入場者数は、4997万人と4.4%増となった。


 
■映像事業

営業収入は328億円(前の期比7.3%増)、営業利益は66億円(同26.2%増)となった。

東宝のパッケージ事業において、DVD、Blu-rayで「映画刀剣乱舞-継承-」「舞台『刀剣乱舞』慈伝日日の葉よ散るらむ」「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」等を提供した。

出版・商品事業は劇場用パンフレット、キャラクターグッズにおいて、「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」「天気の子」をはじめとする当社配給作品及び「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」「アベンジャーズ/エンドゲーム」「トイ・ストーリー4」等の洋画作品が順調に稼働した。

アニメ製作事業では、映画「名探偵コナン 紺青の拳」「天気の子」や、TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」「BEASTARS」「Dr.STONE」等に製作出資した。

また、アニメ製作事業・実写製作事業では、ゴジラを中心とした「東宝怪獣キャラクター」等の商品化権収入に加え、製作出資した作品の各種配分金収入があった。

ODS事業ではアニメ「プロメア」「海獣の子供」や、「ARASHI Anniversary Tour5×20」のライブビューイング等を提供した。東宝映像美術及び東宝舞台では、人材の確保に努めつつ、原価管理を徹底し、映画やTV・CM等での舞台製作・美術製作、テーマパークにおける展示物の製作業務、メンテナンス業務、及び大規模改修工事等を受注した。


なお、2021年2月期については業績予想は非開示。新型コロナウイルス感染症による影響を合理的に算定することが困難であるため、と説明している。



©2019「天気の子」製作委員会
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 東宝19年12月-20年2月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事