20年1-3月決算、ソニーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ソニー、20年3月期の営業利益は5.5%減の8454億円…ゲ...

ソニー、20年3月期の営業利益は5.5%減の8454億円…ゲーム事業と音楽事業が苦戦

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー<6758>は、本日(5月13日)、2020年3月期の連結決算(米国会計基準)を発表し、売上高及び営業収入8兆2598億円(前の期比4.7%減)、営業利益8454億円(同5.5%減)、税引前利益7994億円(同21.0%減)、最終利益5821億円(同36.5%減)と減収減益となった。

カメラなどのイメジーセンサーなどを扱うイメージング&センシング・ソリューション分野が好調だったものの、次世代機を控えていることもあり、ゲーム事業を展開するゲーム&ネットワークサービス分野が苦戦した。また音楽分野も減益要因になったとのこと。

 


イメージング&センシング・ソリューション分野の大幅な増収などがあったものの、エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション分野及びゲーム&ネットワークサービス分野の大幅な減収があったため、としている。

また、営業利益については、イメージング&センシング・ソリューション分野で大幅な増益があったが、音楽分野とゲーム&ネットワークサービス分野での減益が響いたとのこと。

なお、ゲーム&ネットワークサービス分野の売上高及び営業収入は、前の期比13.7%減の1兆9197億円、営業利益が同23.4%減の2384億円だった。デジタルソフトウェア・アドオンコンテンツが8.3%減の1兆0102億円、ネットワークサービスが3.3%増の3372億円、ハードウェア・その他が28.1%減の5721億円だった。

続く2021年3月期の業績予想については未定。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、現時点で合理的な算定が困難であるため、と説明している。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ソニー20年1-3月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事