20年1-3月決算、ハピネットに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ハピネット、20年3月期の営業利益は43%減の25億円…玩具...

ハピネット、20年3月期の営業利益は43%減の25億円…玩具、映像音楽、ゲーム、アミューズメントいずれも減益

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
玩具卸大手のハピネット<7552>は、5月13日、2020年3月通期の連結決算を発表し、売上高は2333億4700万円(前の期比2.9%減)、営業利益25億7200万円(同43.3%減)、経常利益は24億1300万円(同44.9%減)、最終利益は12億2400万円(同55.2%減)と減収減益だった。主力の玩具事業だけでなく、映像音楽、ビデオゲーム、アミューズメントがいずれも減益となった。

 


①玩具事業
2019年11月1日付でイリサワの株式を取得(子会社化)し、模型玩具卸売事業に参入したことや、BANDAI SPIRITSの「一番くじ」関連商品などコンビニエンスストア向け商品が好調に推移したことにより、売上高は前期を上回った。利益面においては利益率の高い商材が低調に推移したことに加え、物流費や減価償却費などの販売費及び一般管理費が増加したことにより、前期を下回った。この結果、売上高は790億6000万円(前期比2.7%増)、セグメント利益は10億6500万円(同47.3%減)となった。


②映像音楽事業
物流の外部委託等により卸売部門の効率化や生産性の向上を図ったものの、パッケージ市場全体が厳しい環境で推移したことに加え、メーカー部門において同社出資映像作品の興行が低調に推移し、映像投資損失が発生したことにより、売上高、利益面ともに前期を下回った。この結果、売上高は716億1800万円(前期比12.4%減)、セグメント利益は5億3300万円(同51.4%減)となった。


③ビデオゲーム事業
「Nintendo Switch」関連のハードや、「ポケットモンスター ソード・シールド」、「あつまれ!どうぶつの森」などの関連ソフトが好調に推移し、売上高は前期を上回った。利益面では、利益率の高い同社独占流通のソフトでヒット商品がなかったことや、同社オリジナルゲームソフトの発表に伴う広告宣伝費の増加により、前期を下回った。この結果、売上高は631億3600万円(前期比2.4%増)、セグメント利益は8億4000万円(同19.1%減)となった。


④アミューズメント事業
アミューズメント事業については、カプセル玩具はイベント販売や大型商業施設など集客が見込めるロケーションへの自動販売機の設置を積極的に実施したことにより好調に推移したものの、カードゲーム機の低迷をカバーするに至らず、売上高は前期を下回った。利益面においても、滞留在庫の評価損失を計上したことにより、低調に推移した。この結果、売上高は195億3200万円(前期比2.3%減)、セグメント利益は14億7500万円(同14.5%減)となった。


■2021年3月期の見通し
2021年3月期の業績予想については、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、今後の市場動向や同社グループの最大の商戦期である年末商戦の状況が不透明であり、現時点で合理的な算定が困難なことから未定としている。今後、業績予想の開示が可能となった時点で速やかに公表する、としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ハピネット20年1-3月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事