Epic Gamesに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームキャンペーン記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > Epic Games、「Unreal Engine 5」を初...

Epic Games、「Unreal Engine 5」を初公開! PS5でライブ実行したリアルタイムデモもお披露目!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Epic Gamesは、5月14日、「Unreal Engine 5」を初公開した。またPlayStation 5(PS5)で実行したリアルタイムデモ「Lumen in the Land of Nanite」のムービーも披露している。

気になる「Unreal Engine 5」の利用に関しては、2021年初頭にプレビューが可能になり、フルリリースは2021年後半を予定している。対応は、次世代コンソール、現世代コンソール、PC、Mac、iOS、Androidとなっている。

同エンジンは、前方互換性を持つようにデザインを行っているため、現時点で UE4 で次世代開発を開始して、UE5 の準備ができた段階で移行できるとしている。

さらに、本日(5月14日)より「Unreal Engine」の利用にあたって、ゲームからの収入が100万ドルに到達するまでロイヤリティを免除するという。新しい Unreal Engine ライセンス条項は、遡って2020年1月から適用になる。

■PlayStation 5 でライブ実行されるリアルタイムデモ「Lumen in the Land of Nanite」
このデモでは Unreal Engine 5 で利用可能になる 2 つの新しいコア技術がプレビューとして使用している。

仮想化マイクロポリゴンジオメトリの Nanite によってアーティストは自由に目に見える限りのジオメトリディテールを作成することができる。Nanite 仮想化ジオメトリによって数億、あるいは数十億ポリゴンの映画品質のソースアートであっても Unreal Engine に直接インポートできるようになる。

ZBrush のスカルプトからフォトグラメトリスキャンから CAD データまですべて、インポートすれば機能するようになる。Nanite ジオメトリはリアルタイムでストリーミングされスケーリングされる。もうポリゴン数のバジェットも、ポリゴンメモリのバジェットも、ドローカウントのバジェットも気にする必要はない。ディテールをノーマルマップにベイクする必要も、手動で LOD を作成する必要もない。そして品質の損失もないという。

Lumen は完全に動的なグローバルイルミネーション ソリューションで、シーンやライトの変更に対して即座に反応する。レイトレーシング向けの特別なハードウェアは必要としない。このシステムはキロメートルからミリメートルまでの規模の巨大で詳細な環境において、無限のバウンスと間接スペキュラ反射を利用し、ディフューズ相互反射をレンダリングする。

Lumen を使用することで、アーティストやデザイナーはさらに動的なシーンを制作できるようになる。例えば、時間経過による太陽角度の変化、懐中電灯の点灯、天井に穴を開ける爆破などに対して、間接ライティングが適応的に変化します。Lumen によってライトマップのベイクが終わるまで待つ必要も、ライトマップ UV の作成の必要もなくなる。時間が大幅に削減される。

アーティストが Unreal Editor の中でライトを動かすだけで、ライティングの見た目はゲームをコンソールで実行した場合と同じになるという。

Nanite ジオメトリ技術で大規模シーンを作成する上で、チームは Quixel の Megascans ライブラリを多用。Megascans は数億ポリゴンの映画品質のオブジェクトを提供している。PlayStation 5 は記憶媒体からの帯域を劇的に増強し、過去の世代と比べてはるかに広大でかつ詳細なシーンの実現を可能にする。

このデモはさらに、物理と破壊システムの Chaos、Niagara VFX、Convolution reverb、Ambisonics レンダリングといった既存のエンジンシステム機能についても活用している。
 

 
 


■関連サイト

 

公式サイト

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Epic Games

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事