20年1-3月決算、コムシードに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > コムシード、20年3月期は売上高13%減、営業益49%減に ...

コムシード、20年3月期は売上高13%減、営業益49%減に グリーが配信予定の『ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト』の日本版に参画

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
コムシード<3739>は、5月14日、2020年3月期の決算(非連結)を発表、売上高11億7100万円(前々期比13.9%減)、営業利益1900万円(同49.0%減)、経常利益1700万円(同52.9%減)、最終損益5400万円の赤字(同2000万円の黒字)と最終赤字に転落した。
 

主力サービス「グリパチ」の成長停滞に加え、従量制アプリにおいて当初見込んでいた販売本数を達成することができず、既存事業の売上が当初計画を下回った。なお、最終損益については、不採算事業の減損を計上していることに加え、保有する投資債権の一部について、投資先事業の収益計画が当初の計画を引き続き下回る状況を踏まえ、保有する投資債権について回収可能性を検討した結果、貸倒引当金繰入額1900万円を追加計上したことも影響している。

ソーシャルゲームについては、新規タイトルとして期中にリリースした『ファンタジーファーム』は想定した売上に満たず、早期にサービスを終了した。また、既に中国、台湾、香港などで先行リリースされ、グリー<3632>より日本国内版がリリース予定の人気アニメ「ワンパンマン」のスマートフォンゲーム『ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト』の日本配信版の企画・開発・運営に参画しており、関係各社と連携しながらリリースに向けた準備を進行した。
 

なお、2021年3月期の業績予想については、現時点で合理的な算出が困難なため非開示としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 20年1-3月決算コムシード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事