20年1-3月決算、ソフトバンクグループに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ソフトバンクグループ、20年3月期は1兆3646億円の営業赤...

ソフトバンクグループ、20年3月期は1兆3646億円の営業赤字 ファンド投資で損失

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンクグループ<9984>の2020年3月期の連結決算(IFRS)は、営業損益が1兆3646億円の赤字となった。前の期の2兆0736億円の黒字から一転して大幅な赤字となった。

ソフトバンク・ビジョン・ファンドなどSB Investment Advisersの運営するファンドの投資先の評価の引き下げが響き、損失が増えた。UberやWeWorkなど投資先の公正価値の合計が大幅に減少したという。

また、売上高は前の期比1.5%増の6兆1850億円、最終損益は9615億円の赤字(前の期は1兆4111億円の黒字)だった。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ソフトバンクグループ20年1-3月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事