NTTドコモに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > NTTドコモ、エムスリー、ソニー、医療機関・患者向けのICT...

NTTドコモ、エムスリー、ソニー、医療機関・患者向けのICTやIoTで協業を検討 VRを活用したバーチャル外出支援トライアルも

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTドコモ<9437>、エムスリー<2413>、ソニー<6758>は、医療機関・患者向けのICTやIoTの活用において協業の検討開始を発表した。

現在の課題として、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、入院患者との面会制限や、医療現場で患者との接触回数減らしながらも、健康状態のモニタリングや必要な医療の提供を行う必要があるというもの。
 
なお、本協業検討の第1弾として、VR・ARなどを活用した入院患者のバーチャル外出支援のトライアルから開始するとのこと。

■VR・ARなどを活用したバーチャル外出支援トライアル
病室でVRゴーグルをかけると、周囲に360度の旅行映像が浮かび上がり、外出しているような感覚を味わえるプログラムや、ARで仮想のキャラクターとインタラクティブなコミュニケーションが取れるレクリエーションプログラムの検討を行う。

さらに、感染防止のため直接家族と会うことできない状況でも、撮影した家族の映像をリアルタイムでVRゴーグルに映し出すことにより、ご家族などと一緒にいるような感覚を味わえるバーチャル面会システムの検討も行う。

なお、今後は、患者のQOL向上に加えて、医療現場でのICT・IoTの活用という観点で、新型コロナウイルス感染患者の遠隔問診やモニタリング、遠隔での患者家族向けの治療説明やインフォームド・コンセント、遠隔でのセカンドオピニオンの実現など、医師と患者のコミュニケーションへの活用も視野に、幅広い課題解決を検討していく予定としている。
 
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ソニーエムスリーNTTドコモ

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事