スラムダンク(SLAM DUNK)、ディー・エヌ・エー(DeNA)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ​DeNA、第4四半期の中国事業は売上・利益とも大きく伸長 ...

​DeNA、第4四半期の中国事業は売上・利益とも大きく伸長 『スラムダンク』が貢献 繁体字圏や韓国、東南アジアでも展開へ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、5月14日、2020年3月期の決算説明会を開催し、第4四半期(20年1~3月)の中国事業の売上と利益が大きく伸びたことを明らかにした。正確な金額は開示されていないが、ユーザー消費額が50億円に到達するとともに、営業利益についても1桁億円台後半に到達したようだ。「この何年かは損益トントンで推移していたが、昨年12月にリリースした『スラムダンク』が順調な立ち上がりを見せ、この四半期はフルに寄与した」と守安功社長が説明した。
 


『スラムダンク』については、中国国内で安定運用を行いつつ、今期(2021年3月期)は繁体字圏や韓国、東南アジアなど中国以外のリージョンでも展開していく考えで、さらなる貢献が期待される。

同社では、2006年に中国市場に参入し、長期に渡って投資を続けるとともに現地化を進めてきた。現地の組織は350名規模まで成長しており、日系のIPを獲得し、現地で開発・パブリッシングする戦略をとっていた。中国でいまもなお絶大な人気を誇る『スラムダンク』のIPの力も大きいが、長年の投資の成果がこういった形で出てきたといっても過言ではないだろう。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( スラムダンク(SLAM DUNK)ディー・エヌ・エー(DeNA)DeNA China

企業情報(株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA))

会社名 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
URL http://dena.jp/
設立 1999年3月
代表者 守安 功
決算期 3月
直近業績 売上収益1393億円、営業利益275億円、最終利益229億円(2018年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 2432

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事