RAGE、テレビ朝日に関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > CyberZとエイベックス、テレ朝、国際eスポーツイベント「...

CyberZとエイベックス、テレ朝、国際eスポーツイベント「RAGE ASIA2020」を8月29日、30日に開催…「Apex Legends」と「荒野行動」を採用

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営するCyberZ、 エイベックス・エンタテインメント、 テレビ朝日は、2020年8月29日、30日の計2日間で「RAGE ASIA2020」を開催する。

ローンチから1か月で5000万人ものプレイヤーを獲得した大人気のPCのFPSタイトル「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」と、 全世界で3億人のユーザー数を誇るスマホ向けTPSバトルロイヤルゲーム「荒野行動-Knives Out-」という全世界でも絶大な支持を受ける2タイトルを採用し、 RAGE史上最強の王者を決める最大規模の国際大会となる。


■「RAGE ASIA2020」概要
大会名:「RAGE ASIA2020」
ゲームタイトル:「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」(エレクトロニック・アーツ)
PlayStation4、 Xbox One、 Origin(PC)で配信中

「荒野行動-Knives Out-」(NetEase Games)
iOS/Android対応

主催:CyberZ、 エイベックス・エンタテインメント、 テレビ朝日
日程:8月29日、30日
開催方式:無観客オンライン形式での開催
配信方法:OPENREC.tv、 YouTube
配信チャンネル: https://www.openrec.tv/user/rage-esports

また、 OPENREC.tvではRAGE ASIA事前番組を予定している。 詳細については追って発表する。


■RAGE史上最大規模の国際大会「RAGE ASIA2020」とは
「RAGE ASIA2020」は、 アジア圏の有名チームやトップ選手をはじめとした、 実力のある選手を招待し、 “アジア最高峰の戦い"を繰り広げる、 RAGE史上最大規模の国際大会。 採用タイトルはグローバルで人気のバトルロイヤルゲーム「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」と、 爆発的な人気を誇るスマホ向けTPSバトルロイヤルゲーム「荒野行動-Knives Out-」の2タイトルとなっている。 国内外のeスポーツファンが見たくなるような、 「RAGE ASIA2020」でしか見ることができない「真剣勝負」を日本から発信し、 世界中のeスポーツファンに自宅から楽しめるよう、 オンライン観戦の環境を充実させていきたいと考えている。

 今大会は、 会場に選手やお客を集めて行う形式ではなく、 「完全オンライン形式」とし、日本及び海外のチームや選手には自宅などからオンライン上で試合に臨んで頂きる。 視聴者のには、 OPENREC.tvをはじめとする様々な配信プラットフォームから生中継でご観戦できる。
また、3月15日にβ版リリースをした「V-RAGE」のアップデート版が本大会でも体験できるようになっており、 アバターや服装を選択ができるようになる。 また、 「グループビューイング機能」を使用し、 専用のグループルームに入室することで、 仲間や友人同士でボイスチャットができるなど、 バーチャル空間でのeスポーツ観戦が更に楽しめる予定。


■フロンティア中の戦士が富と名声を懸けて戦う「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」
熾烈な侵略戦が展開する『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』は、 強力なアビリティを操る伝説の戦士が結集してフロンティアの辺境で富と名声を懸けて戦う、 基本プレイ無料のバトルロイヤルシューティング。 次々と登場する個性豊かなレジェンドを操り、 戦術性が高く奥深い部隊プレイを楽しめるタイトル。
※このトーナメントは、 エレクトロニック・アーツの提携および出資を受けたものではない。


■100人が無人島で最後の1人の生き残りをかけたバトルロイヤル「荒野行動-Knives Out-」
中国の大手ゲーム企業「NetEase Games」が開発/運営する『荒野行動-Knives Out-』は、2017年にリリースされてから現在まで、 全世界で3億人のユーザー数を持つ大人気バトルロイヤルゲーム。 約100人のプレイヤーが無人島に降り立ち、最後の1人になるまで戦闘が繰り広げられる。 ネットさえ繋がれば、 いつでもどこでも、 仲間と一緒に遊べる。


■eスポーツのスター選手誕生に向けて RAGE総合プロデューサー 大友真吾氏の新たな挑戦への想い
「RAGE ASIA 2020」の開催にあたり、 長期間、 構想を練ってきました。 RAGEは2015年に産声をあげ、 スター選手をつくることをずっと掲げてきましたが、 他のスポーツを見渡した時に、 スター選手は国際マッチなどの大規模な大会で誕生することが多いと常々感じていました。 eスポーツにおいても、 日本人選手が世界の強豪と戦うことで注目度が更に高まり、 大きなムーヴメントになると考え、 開催に至りました。

本来は、 世界中から強豪チームや有名プレイヤーの方々にお集まりいただく大会を予定していましたが、 昨今の新型コロナウイルスの影響を鑑みて、 完全オンラインでの開催に舵を切ることにしました。 しかしながら、 海外から遠隔かつ多人数での参加や、 注目プレイヤーの視点でも試合をご覧いただけるなど、 オンラインやバーチャル空間ならではの新たな試みも多数用意しており、 ご参加いただく選手の皆さんをはじめ、 ご視聴いただくeスポーツファン、 初めてeスポーツを見る方々にもお楽しみいただけるよう準備をしています。

グローバルで人気のタイトルかつ、 オンライン上で国際マッチを行うことは初めての試みとなりますし、 日本とグローバルを繋ぐ通信環境の技術的な検証、 競技性の担保など、 様々な工夫が必要となりますが、 新しいeスポーツのカタチを表現し、 今の世界情勢の明るい兆しの一つとなるような大会を目指していきますので、 どうぞ楽しみにお待ちください。


■テレビ朝日で「eスポーツ応援宣言!~RAGE ASIAへの道~」6月7日より放送スタート

「RAGE ASIA2020」の開幕に向けて、 テレビ朝日では6月7日から特別応援番組を放送する。 スペシャルナビゲーターとして山里亮太さん(南海キャンディーズ)を迎え、 大会の基本情報はもちろん、日本代表選手や日本のライバルとなる海外選手の紹介、 eスポーツシーンの盛り上がりなどを毎週分かりやすく伝える。
 

<番組詳細>
番組名:「eスポーツ応援宣言!~RAGE ASIAへの道~」
放送局:テレビ朝日
放送枠:毎週日曜16:25~16:30(※一部地域を除く)
(※毎週放送後、 テレ朝動画、 ABEMA、 TVer、 GYAO!で見逃し配信も行う。 )


 

公式Twitter

公式サイト

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( CyberZテレビ朝日エイベックス・エンタテインメント

企業情報(株式会社CyberZ)

会社名 株式会社CyberZ
URL https://cyber-z.co.jp/
設立 2009年4月
代表者 山内 隆裕
決算期 9月
直近業績
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事