20年4-6月決算、ソニーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ソニー、第1四半期のゲーム事業は営業益68%増の1240億円...

ソニー、第1四半期のゲーム事業は営業益68%増の1240億円 『Ghost of Tsushima』と『The Last of Us Part II』好調、PS Plus4500万人

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニー<6758>の第1四半期(20年4~6月)のゲーム&ネットワークサービス分野の業績は、売上高が前年同期比32%増の6061億円、営業利益が同68.1%増の1240億円と大幅な増収増益を達成した。コロナ禍による巣ごもり消費でゲームソフトへの需要は伸びているようだ。

 


同社によると、プレイステーション4向けのゲームソフトと、プレイステーションプラス(PS Plus)で大幅な増収を達成した、としている。『The Last of Us Part II』とフリートゥプレイ型のソフトの課金収入が好調だった。またPS Plusの会員数も4500万人に到達したという。

7月に発売した『Ghost of Tsushima』については発売後、最速240万本を超える売上を記録するなど好調に立ち上がったという。

 


他方、プレイステーション5の発売を控えていることもあり、プレイステーション4のハードウェアが減収となったという。

2021年3月通期は、売上高が26%増の2兆5000億円と大幅な増収を見込む。ゲームソフトとPS Plusの増収に加えて、プレイステーション5発売に伴い、ハードウェアの売上が大きく伸びる見通しだ。

ただ、営業利益については2400億円と前年並みを想定しているという。プレイステーション5導入にかかる販売費及び一般管理費の増加に加えて、ハードウェアの売上原価上昇などが収益を圧迫する。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事