20年4-6月決算、イグニスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > イグニス、第3四半期はゲーム事業売却もマッチング事業伸び増収...

イグニス、第3四半期はゲーム事業売却もマッチング事業伸び増収を達成 持分法投資損失や有価証券売却益の減少で最終損失は5.98億円に拡大 

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
イグニス<6989>は、第3四半期(2019年10月~2020年6月)の連結決算を発表し、売上高42億2400万円(前年同期比4.0%増)、営業損失3200万円(前年同期は7億2300万円の営業損失)、経常損失2億8400万円(前年同期は8億0700万円の経常損失)、最終損失5億9800万円(前年同期は3億5800万円の最終損失)と増収・赤字幅拡大となった。

ドリコムへのゲーム事業の譲渡に伴い、ゲーム関連の売上が低下したものの、「マッチング事業」が伸びて大きく貢献した、としている。バーチャルライブアプリ「INSPIX LIVE」の大型アップデートに向けた開発投資も積極的に行った。

経常損失が拡大したが、持分法による投資損失1億9800万円を計上したによる。また最終損失については、前年同期に8億9200万円計上された投資有価証券売却益が減る一方、投資有価証券評価損1億5000万円を計上したことなどが響いた。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( イグニス20年4-6月決算

企業情報(株式会社イグニス)

会社名 株式会社イグニス
URL http://1923.co.jp/
設立 2010年5月
代表者 銭 錕(センコン) / 鈴木 貴明
決算期 9月
直近業績 売上高は20億4700万円、営業利益5億6100万円、経常利益5億4500万円、当期純利益3億900万円(14年9月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3689

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事