20年4-6月決算、ボルテージに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ボルテージ、20年6月期は営業損失8600万円と赤字幅縮小 ...

ボルテージ、20年6月期は営業損失8600万円と赤字幅縮小 採用費やオフィス費用などコスト削減奏功 日本語女性向けと英語・アジア女性向けが苦戦

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ボルテージ<3639>は、本日(8月13日)、2020年6月期の連結決算を発表し、売上高65億8700万円(前の比7.5%減)、営業損失8600万円(前期は営業損失1億9800万円)、経常損失8700万円(同 経常損失2億3700万円)、最終損失1億6000万円(同 最終損失3億5500万円)と減収・赤字幅縮小となった。

同社では、「男性向け」の売上が増加したものの、「日本語女性向け」「英語・アジア女性向け」が減少した。費用は、売上減少による販売手数料の減少、採用抑制等に伴う労務費の大幅な減少及びサーバーのクラウド化やオフィス減床による賃借料の減少等により、全体として減少した。さらに、ソフトウェアや共用資産等の減損損失による特別損失6900万円を計上した。

 


1. 日本語女性向け
日本語女性向けは、「読み物型」「アバター型」「カード型」「声優型」に分類して展開している。主力の「アバター型」「読み物型」が減少し、売上高39億7100万円(前期比10.4%減)となった。

2. 英語・アジア女性向け
英語・アジア女性向けは、「Love365」「Lovestruck」等が該当する。「Love365」等が減少したことにより、売上高14億5700万円(前期比10.1%減)となった。

3. 男性向け
主に「六本木」が大幅に増加したことにより、売上高10億3500万円(前の期比8.4%増)となった。

4. リアイベ
イベント・ライツ展開が減少したことにより、売上高8200万円(前の期比25.5%減)となった。

5. 電書・動画・コンシューマ
電書・動画・コンシューマは電子書籍(「KISSMILLe」)及びコンシューマ展開(NintendoSwitch向けコンテンツ)が該当する。主にコンシューマ展開が増加したことにより、売上高4000万円(前の期比1727.8%増)となった。


 
■2021年6月期の見通しは非開示

2021年6月期の業績予想は開示していない。合理的な業績予想数値の算定が困難であるため、としている。

戦略としては、現在の基幹事業である「物語アプリ」に成長要素を取り込み「黒字基調&次の成長」を実現すること。具体的には、「アプリ進化戦略」「ファンダム(注9)戦略」「多角化戦略」の3つを実行する。

「アプリ進化戦略」では、読み物型・アバター型・カード型の3型を洗練させ、日本語女性をベースに英語・アジア女性、男性へ向け拡張していく。「ファンダム戦略」では、物語アプリとリアルイベントの相乗効果を狙い、当面は、オンラインイベントやEコマースのノウハウ構築に注力する。「多角化戦略」においては、成長著しい、電子コミック市場、web動画市場、コンシューマゲーム市場への参入に取組んでいく。

この期では、新規タイトル4本、アプリ内新作5本程度のサービス開始を行う予定。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ボルテージ20年4-6月決算

企業情報(株式会社ボルテージ)

会社名 株式会社ボルテージ
URL http://www.voltage.co.jp/
設立 1999年9月
代表者 代表取締役会長兼社長 津谷祐司
決算期 6月
直近業績 売上高73億91百万円、営業利益-10億42百万円、経常利益-10億67百万円、当期純利益-13億28百万円(2018年6月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3639

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事