20年4-6月決算、フリューに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > フリュー、第1四半期のゲーム事業は黒字転換 男性向けゲームア...

フリュー、第1四半期のゲーム事業は黒字転換 男性向けゲームアプリ撤退で採算改善 「へやキャン△」BD・DVDでアニメ売上306%増と急増

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
フリュー<6238>は、第1四半期(20年4~6月)のゲーム事業の営業利益が1700万円となり、前年同期の2億3300万円から黒字転換を達成した。売上高については前年同期比で6.4%減の4億3200万円となった。

収益改善の要因は、男性向けゲームアプリから撤退したことに加えて、「へやキャン△」のBlu-ray・DVD発売でアニメ事業の売上が306.3%増と大きく伸びたため。

男性向けゲームアプリは、コアエッジが展開していたが、昨年、株式をコロプラに譲渡した。ゲームアプリは女性向け恋愛ゲームのみとなっており、その売上高は前年同期と同じ2億2600万円だった。ゲームアプリ全体では60.4%減となる。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( フリュー20年4-6月決算

企業情報(フリュー株式会社)

会社名 フリュー株式会社
URL http://www.furyu.jp/
設立 2007年4月
代表者 田坂 吉朗
決算期 3月
直近業績 売上高239億1100万円、営業利益30億3300万円、経常利益32億7800万円、当期純利益19億900万円(2015年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 6238

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事