エヌジェイホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(8/20)】3Q黒字化による業績好転への期待...

【ゲーム株概況(8/20)】3Q黒字化による業績好転への期待でオルトプラスが大幅高 NJHDも買われる カヤックは4ケタ乗せで目先達成感も

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
8月20日の東京株式市場では、日経平均は反落し、前日比229.99円安の2万2880.62円で取引を終えた。米国が香港との犯罪人引き渡し条約を停止すると発表したことで米中対立の激化への懸念が強まった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、オルトプラス<3672>やNJHD<9421>が大幅高した。オルトプラスは、8月13日に発表した第3四半期決算において、四半期ベースで6年ぶりの営業黒字化を達成しており、業績低迷の長いトンネルを抜けていくことへの期待が膨らんでいるようだ。

一方、NJHDは、『インフィニティ ストラッシュ ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の開発を子会社のゲームスタジオが担当しており、昨今のスクウェア・エニックスとの協業タイトルで業績が好転した企業からの連想で、その収益貢献を期待した先回りの動きが出ているもよう。

ほか、アクセルマーク<3624>やグリー<3632>、ブシロード<7803>などがしっかり。

半面、サイバーエージェント<4751>やDeNA<2432>、コロプラ<3668>など主力株はさえない動きが目立ち、ボルテージ<3639>やバンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>は大幅反落した。

カヤック<3904>は、直近の上昇で4ケタ大台まで買われてきたことで、目先達成感から売り物に押される展開となった。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( エヌジェイホールディングスオルトプラス

企業情報(株式会社オルトプラス)

会社名 株式会社オルトプラス
URL http://www.altplus.co.jp/
設立 2010年5月
代表者 石井武
決算期 9月
直近業績 売上高33億円、営業損益4億1500万円の赤字、経常損益3億8000万円の赤字、最終損益6億500万円の赤字(2017年9月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3672

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事