★スマホesports★戦の時間だバカ野郎!、ヤルキマントッキーズに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームeSPORTS記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【連載】戦の時間だバカ野郎! 第42戦「プロゲーマーの一日の...

【連載】戦の時間だバカ野郎! 第42戦「プロゲーマーの一日の過ごし方」

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


どうもすいません。板垣です。

いつもお世話になっております。

さてさて、表題の件にて失礼いたします。

たまに聞かれます、「プロゲーマーって一日どうやって過ごしてるの?」って。

まぁ確かに気になりますよね。

「毎日会社勤めしている人と比べて、どの辺が違うのか?」と。

もちろん私はプロゲーマーではないのですが、身近にプロゲーマーが居るということで聞かれるのだと思います。

今回は、その辺りについてザックリ書いてみようかと思います。


 
●働き方と言っても色々ある●

プロゲーマーと言いましても、人によって一日の過ごし方も様々だなと。私の周りには、専業のプロゲーマーと、別の本業しながらのプロゲーマーが居ますので、その二つを書いてみます。

あくまで一例ですが、ザックリ表にするとこんな感じでしょうか。(ほんとにザックリですよ?)



専業のプロゲーマーの人は、いわゆる朝から晩まで、毎日、配信や編集、そして練習をしているようなイメージになりますね。文字通り、朝から晩まで毎日なので、想像している以上に、ずっとゲームをプレイしたり動画撮って編集してたりするのかなと。

本業で別の仕事をしているプロゲーマーも、日中は本業仕事をしつつも、帰宅後に寝るまでの間ずっと練習しているようなイメージになります。もちろん、帰宅後だけでなく、朝早く起きて練習する人もいます。(プロゲーマーによって様々なケースがあると思ってもらえれば良いと思います)

ただ逆に、毎日徹夜してゲームをするような、いわゆる規則正しくない生活をイメージされる人もいるらしいのですが、実際にはそのようなケースは少ないのかなと思います。普通に朝起きて練習して、夜も普通に寝て、ちゃんと睡眠をとって体調管理に気を付けている人が多い印象ですね。

とはいえ、生配信などの時間帯は、ターゲットの視聴時間に合わせると自然と夜が多くなるので、夜型人間になりがちな職業だとは思います。


 
●例えば、とあるプロゲーマーの一日●

これも一例ですが、こんな感じの一日を送るようなプロゲーマーもいます。
※現在は、コロナの影響で外に出ての対人戦練習はしづらい環境にあります。なので、この表はコロナ前の話になります。



練習を日中にガッツリ絡ませるような感じですね。この場合、朝を敢えて緩めにして、夜を厳しめにするようなパターンになってます。(ただこれも、時期によって様々です)

また、ゲームにもよるとは思いますが、プロ同士が同じ場所に集まって対人練習をするような環境を用意して、そこで練習するのが対戦会。

さらに、例えばゲームセンターなど、仕事終わりのゲーム好きな玄人とプロゲーマーが混じって対戦をしているような事も、よく見かける練習風景です。

PCゲームやスマホゲームなどの、完全にオンラインで完結するような場合でも、同じ場所に集まってコミュニケーション取りながら練習するパターンも多いです。(※ただ、あくまでコロナ前の話ですが)


 
●そして大会などの試合出場へ●

練習や配信する日々とは別に、大規模な大会などの試合出場ともなると、特殊な数日を過ごす事になります。

まず、大会は早朝から始まって、深夜まで続く事も多いです。基本は土日祝に実施。(これもゲームによるとは思います)

加えて、離れた場所で大会が開催される場合は、場所によっては前泊などもあり得るので、1日のスケジュールに大きめの移動時間などが入ってきますね。

さらに、これが海外での大会になると1日の過ごし方の規模も変わってきます。

例えば、アメリカで大会が開催される場合だと、飛行機だけで1日潰れる事もあるわけです。

時差の問題もあるので、現地時間に体を合わせる為に、少し余裕を持って数日前にアメリカ入りするような事もあります。いわゆる時差ボケ調整ですね。(ここぞという大会の時に、1週間近く前ノリするような人もいます)

このように、大会になると、普段の1日の過ごし方とは違い、様々なイレギュラー対応が必要になってくるイメージです。

一方、リーグ方式の試合など、撮影スケジュールとセットになるモノはガッチリその日の予定が組まれているような場合もあります。(これもゲームによると思いますが)その場合は、指定されたスケジュールに従って試合をこなしていくイメージです。

※現在は、コロナの影響で、参加する大会自体がオンライン化されており、世界的にオフラインでの大会実施が難しくなってはきています。


 
●というわけで●

ザックリですが、プロゲーマーの一日の過ごし方でした。
今後も何かしら、ちょいちょい共有して行こうかなと思います。

それではまた!
 

▼TEAM iXA公式ショップ▼


↓板垣のアカウント↓(ご自由にご登録ください、そして何かありましたらお気軽にご連絡ください)
https://www.facebook.com/onsionsi
https://twitter.com/onsionsi0916
info@yarukiman.com

 

【過去記事アーカイブ】

第41戦「プロゲーマーってどうやってなるの?」
特別戦「【みんなで対戦!25パズル】というゲームをリリースしました」
第40戦「TEAM iXA 選手紹介シリーズ⑤『じゃじい』」
第39戦「TEAM iXA 選手紹介シリーズ④『剛田』」
第38戦「『ポイッターズポイント』というゲームを知っていますか?」
第37戦「アフターコロナの世界(TEAM iXA 選手紹介シリーズ③『稲葉』)」
第36戦「TEAM iXA 選手紹介シリーズ②『Gunfight』」
第35戦「TEAM iXA 選手紹介シリーズ①『ストーム久保』」
第34戦「新型コロナウイルスとesports」
​第33戦「他スポーツから学ぶesportsの今後」
​第32戦「配信外で起きていたドラマの話」
第31戦「【Gunfight】選手の参戦!」
第30戦「新スポンサー【Lenovo】様!!」
第29戦「HADOのプロリーグと、BBTAGに参戦します!」
第28戦「新スポンサー【3R】様!!」
第27戦「esportsとシニア世代と今後の話」
第26戦「TEAM iXAを発足したぞ!」
第25戦「ももち選手が賞金を満額もらえなかったのはなぜなのか?」
​第24戦「オッサンから見た、クラロワリーグの話」
第23戦「日本と韓国とesportsと!」
第22戦「EVO2018に行ってきたよ!」
第21戦「ファイトクラブで体験した、人間模様とドラマ」
第20戦「クラロワリーグに参戦するぞー!」
第19戦「ゲームのプロライセンスに関して」
第18戦「CanadaCup2017を通して、思ったこと」
第17戦「東京ゲームショウ2017に行って思ったこと」
第16戦「プロゲーマーのセカンドキャリアに関して」
第15戦「フランスのESWCに参加してきた!」
第14戦「社内でガチの大会やってみたら、どうなるか?」
第13戦「esportsの、本質的な価値って何だろう」
第12戦「プロゲーマーに関して」
第11戦「闘会議2017に行ってきた」
第10戦「e-sportsの賞金大会に関する謎!!」
第9戦「G-Starに行ってきた。~韓国はe-sports先進国~」
第8戦「Nintendo Switchが賛否両論な件」
第7戦「今更だけど、東京ゲームショウに行った時の話」
第6戦「テクノスポーツを体験してきました!」
第5戦「e-sports大会のRAGEに行ってきた!」
第4戦「ポケモンGOをe-sports化したらどうなる?」
第3戦「ゲーム内に大会機能を同梱するのは、e-sports化の近道??」
第2戦「『にゃんこ大戦争』を、もしe-sports化しようとしたら、どうなる??」
第1戦「『クラッシュ・ロワイヤル』はe-sportsタイトルとなりえるのか?」


 
●著者紹介

 


著者
板垣護
ヤルキマントッキーズ株式会社、CEO。プロゲーミングチームTEAM iXAオーナー。Facebookグループesports勉強会管理人。
最近の一言
「最近気づいたんですが…たぶん私の息子、世界で一番カワイイんじゃないかなぁ~」
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ★スマホesports★戦の時間だバカ野郎!ヤルキマントッキーズ

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事