ケイブに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム海外記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ケイブ、台湾子会社を設立決定 ライブ配信など非ゲーム事業を展...

ケイブ、台湾子会社を設立決定 ライブ配信など非ゲーム事業を展開 17media共同創業者やガマニア技術研究開発責任者の参画も決定

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ケイブ<3760>は、この日(8月31日)、台湾に子会社を新たに設立することを明らかにした。11月中に設立し、12月1日から営業を開始する予定だ。ライブ配信アプリのアジア圏を始めとするグローバル展開やグローバル展開可能な新規事業の創出、開発を目指しており、日本だけでなく、中華圏、東南アジア、欧米といった海外マーケットの需要を取り込み、事業の拡大を図る。

新会社の代表には、ケイブの執行役員のアンドリュー・チャン(張牧寧)氏が就任する。そのほか、17media の共同創業者であるヨーク・チョウ(周宥宇)氏、台湾の大手オンラインゲーム会社ガマニアの技術研究開発責任者であったギルバート・シャ(謝宗宏)氏ら幹部として迎える予定だ。

また、今回の台湾子会社の設立により、ライブ配信事業における有能な人材の確保や有意な知見を享受できると思われ、開発を行うライブ配信アプリにおいても、グローバル展開を視野に入れて、さらなるクオリティの向上を目指す。

そのため7月14日に開示している決算短信において「2020年夏リリース」としていたライブ配信アプリに関しては、リリース時期を2021年3月に変更する予定。

ケイブでは、2020年5月期まで4期連続の営業赤字を計上しており、業績回復と企業価値の増大を目指すにあたり、「ゲーム領域以外の事業の創出」が急務。そのため、2019年11月に連結子会社であるcapableを設立し、マルチチャンネルネットワークビジネスに進出した。またライブ配信市場への進出を目指している。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ケイブ

企業情報(株式会社ケイブ)

会社名 株式会社ケイブ
URL http://www.cave.co.jp/
設立 1994年6月
代表者 代表取締役社長 秋田 英好
決算期 5月
直近業績 売上高18億9000万円、営業損益6億9600万円の赤字、経常損益7億3900万円の赤字、最終損益が12億4000万円の赤字(2019年5月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3760

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事