20年5-7月決算、エイチームに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【詳報】エイチーム、20年7月期の営業益は54%減の12.7...

【詳報】エイチーム、20年7月期の営業益は54%減の12.7億円 コロナの影響で生活情報サービス苦戦 ゲームは既存苦戦、新作開発費も負担に 最終赤字転落

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
エイチーム<36662>の2020年7月通期の決算は、売上高317億3900万円(前の期比14.6%減)、営業利益12億7300万円(同54.7%減)、経常利益12億4900万円(同55.5%減)、最終損失5億1900万円(前の期は14億7300万円の利益計上)となった。

EC事業においてフルフィルメントの改善及び新型コロナの影響で自転車の需要が高まり、前期比で大幅に増加するも、エンターテインメント事業において既存タイトルが減収し、ライフスタイルサポート事業においてコロナ影響で利用件数が減少したことにより、連結売上高は前期比で減少した。

営業利益と経常利益については、エンターテインメント事業における新規ゲームの開発費を先行して計上したため、前期比で大幅に減少した。

また、特別損失として、Incrementsに係るのれん、商標権の減損損失を計上したことで最終赤字となった。福岡オフィス解約、大阪オフィスの一部解約に伴う減損損失も影響した。

 


<エンターテインメント事業>
売上高84億5000万円(同32.8%減)、セグメント利益7億7600万円(同49.3%減)となった。

引き続き既存ゲームアプリの効率的な運用を進めながら、2020年6月にクリプトン・フューチャー・メディアと協業しスマートフォン向けカジュアルゲーム「初音ミク -TAP WONDER-」を全世界でリリースした。

なお、既存ゲームアプリが引き続き減少傾向にあり、前期比で減収となった。セグメント利益については、開発中の新規大型IPゲームの開発費を先行して計上したことにより、前期比で大幅に減少した。


<ライフスタイルサポート事業>
売上高200億9300万円(同10.8%減)、セグメント利益18億9600万円(同39.5%減)となった。

売上高については、引越し周辺サービスとして展開していたエアコン販売のサービス撤退に加え、主にコロナの影響により、前期比で減少、セグメント利益、売上の減少に伴い、前期比で大幅に減少となった。コロナ影響は、デジタルマーケティング支援ビジネス及びプラットフォームビジネスともに顕著に現れている。

デジタルマーケティング支援ビジネスにおいては、結婚式情報サイト「ハナユメ」、キャッシング・カードローン比較サイト「ナビナビキャッシング」が大きく影響を受けている。「ハナユメ」は、緊急事態宣言を受け、対面接客を行うウエディングデスクから、「ハナユメオンライン相談」でのオンライン接客を強化するとともに、リアルで開催していたブライダルイベントを「ブラフェスオンライン by Hanayume」として、業界で初めてオンラインで開催した。

しかし、収束の見通しが依然として立たないコロナ影響により、引き続き来店者数が前期比で大幅に減少した。「ナビナビキャッシング」コロナ影響での経済活動の自粛による個人の資金需要の減少により、利用件数が大幅に減少した。

プラットフォームビジネスにおいては、プログラマ向け技術情報共有サービス「Qiita」の広告需要が減少したほか、立ち上げ段階にあるエンジニア向け転職支援サービス「Qiita Jobs」の事業展開に遅延が生じたものの、緊急事態宣言の解除を受け、少しずつ立ち直りを見せている。

セグメント利益主にコロナ影響が一番大きかった「ハナユメ」及び「ナビナビキャッシング」の減収により、前期比で減少となった。


<EC事業>
売上高31億9600万円(同56.0%増)、セグメント損失4300万円(前の期は2億1000万円の損失)となった。

オペレーション効率の改善及び品揃え・プライシングの見直し等が功を奏し、売上高が前期比で大幅に増加した。セグメント利益に関しては、第3四半期連結会計期間以降は四半期で黒字化を実現するなど、収益性が大幅に改善した。また、コロナ影響における、「三密」を避ける外出手段として自転車の需要が高まったことが追い風になったと考えられる。


 
■2021年7月通期の見通し

2021年7月期は、売上高335億円(前期比5.5%増)、営業利益5億円(同60.7%減)、経常利益5億円(同60.0%減)、最終利益2億円(前期は5億1900万円の損失計上)を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 20年5-7月決算エイチーム

企業情報(株式会社エイチーム)

会社名 株式会社エイチーム
URL https://www.a-tm.co.jp/
設立 2000年2月
代表者 林高生
決算期 7月
直近業績 売上高376億7400万円、営業利益47億100万円、経常利益47億3000万円、最終利益33億600万円(2018年7月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3662

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事