20年5-7月決算、HEROZに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > HEROZ、第1四半期はBtoCサービスの売上がプラスに 『...

HEROZ、第1四半期はBtoCサービスの売上がプラスに 『将棋ウォーズ』が課金収入好調、『ポケモンコマスター』終了の影響もカバー

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
HEROZ<4382>は、この日(9月11日)、第1四半期(5~7月)の決算説明資料を開示し、AI(BtoC)サービスの売り上げが2億0100万円となり、前年同期の実績を上回ったことを明らかにした。ただし前年同期の実額が開示していないため、どの程度上回ったのかは不明だ。

同社では、2019年10月末に『ポケモンコマスター』の運営を終了したものの、『将棋ウォーズ』などが堅調に推移した、としている。巣ごもり需要やメディア露出が増えたことで、有料アクティブユーザー数が前年同期を上回るなど増加傾向にあるという。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 20年5-7月決算HEROZ将棋ウォーズ

企業情報(HEROZ株式会社)

会社名 HEROZ株式会社
URL http://heroz.co.jp/
設立 2009年4月
代表者 林 隆弘、高橋 知裕
決算期 4月
直近業績 売上高11億5500万円、営業利益3億5400万円、経常利益3億3800万円、最終利益2億4700万円(2018年4月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事