KDDIに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームTech記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 東京国立博物館と文化財活用センター、KDDI、5Gで文化財の...

東京国立博物館と文化財活用センター、KDDI、5Gで文化財の新たな鑑賞体験を提案する共同研究プロジェクトを発足 第1弾を9月29日より提供

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
東京国立博物館および文化財活用センターとKDDI<9433>は、第5世代移動通信システム「5G」やAR (拡張現実) などの先端技術を活用して文化財の魅力を引き出すことで、文化財の保護に加えて新たな鑑賞体験を提案する共同研究プロジェクトを2019年9月に発足した。

本プロジェクトの第1弾として、「5Gで文化財 国宝『聖徳太子絵伝』ARでたどる聖徳太子の生涯」 (以下 本コンテンツ) を9月29日から10月25日の期間、東京国立博物館 法隆寺宝物館 (上野公園) にて開催する。本コンテンツでは、1面あたり18億画素の高精細画像と5Gの高速大容量通信技術やAR (拡張現実) 技術を組み合わせることで、かつて奈良・法隆寺の東院伽藍 (とういんがらん) に位置する絵殿の内壁にはめこまれていた東京国立博物館所蔵の国宝「聖徳太子絵伝」の魅力の新たな鑑賞体験を提供する。



1069年に絵師・秦致貞 (はたのちてい) によって描かれた国宝「聖徳太子絵伝」は、聖徳太子の生涯を描く絵伝のなかで最も古く、「36人の子どもの話を記憶する」「憲法十七条をつくる」などの太子にまつわる58の事蹟 (エピソード) が10面に描かれている。現在は東京国立博物館が所蔵している大変貴重な作品だが、長い年月を経て画面はいたみ、展示ケース越しでは細かい描写を鑑賞することがかなわない。また、作品保存の観点から、年に1カ月ほどの限られた期間のみ展示している。

東京国立博物館では、2018年と2019年に、高精細画像を用いた「8Kで文化財 国宝『聖徳太子絵伝』」を公開し、多くの来場者に絵伝本来の魅力を提供した。今回、1面あたり18億画素という高精細・大容量画像やARを用いて制作した「聖徳太子絵伝」コンテンツが、5GやMECという高速低遅延な通信を活用することで、ストレスなく、より分かりやすく鑑賞することが可能となる。

また、新型コロナウイルスの影響により、会場への来場が難しい方向けに、自宅で「聖徳太子絵伝」を楽しめる「国宝『聖徳太子絵伝』 AR at HOME」や、会場をバーチャル体験できる「国宝『聖徳太子絵伝』3Dビュー/VR at HOME」も提供する。

日本で最も長い歴史を持つ博物館である東京国立博物館、文化財の活用に関する新たな方法や機会の開発を行っている国立文化財機構文化財活用センターと、先端技術により日本の文化芸術体験を拡張するau Design project [ARTS & CULTURE PROGRAM] を展開するKDDIが連携し、今後も最先端テクノロジーを使って文化財の新しい鑑賞方法を体験できるイベントの企画や、文化財との新たな出会いと楽しみ方を提案していく方針だ。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( KDDI

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事