ハピネットに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ハピネット、20年3月通期の営業益は43%増の37億円となる...

ハピネット、20年3月通期の営業益は43%増の37億円となる見通し Switch関連好調、アミューズメントも下期から回復へ コスト削減も寄与

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ハピネット<7552>は、本日(9月23日)、2020年3月通期の業績予想について増収増益で着地する見通しと発表した。売上高が2400億円(前の期比2.9%増)、営業利益が37億円(同43.9%増)、経常利益が35億円(同45.0%増)、最終利益が21億円(同71.6%増)と大幅な増益となる。

売上高は、ビデオゲーム事業が巣ごもり需要により「Nintendo Switch」関連商品を中心に好調に推移していることや、2019年11月1日付に買収した模型玩具卸売事業のイリサワが寄与することで前の期を上回る見通し。

また、営業利益、経常利益については、利益率の高いアミューズメント事業が外出自粛やインバウンド需要の低下などの影響をうけ、上半期は低調に推移しているものの、下期から段階的に回復すると想定しているという。業務改革によるローコスト体制の構築も寄与する。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ハピネット

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事