Fate/Grand Order(FGO)、ディライトワークス、ADに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム連載記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲームアプリ調査隊】『FGO』5周年ゲーム内外施策を分析。...

【ゲームアプリ調査隊】『FGO』5周年ゲーム内外施策を分析。多角的な取り組みで無料DLランキングも急浮上(提供:Sp!cemart)

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

スマートフォンゲームの日々の運用とその効果をリサーチし、ゲーム関連企業へマーケティングデータを提供するSp!cemart(スパイスマート)。ゲームアプリの運用情報をいつでもウォッチできる「Sp!cemartカレンダー」や、毎月発行しているレポートを提供している。

なかでもカレンダーは、セールスランキング上位のモバイルオンラインゲームのゲームシステム・運用施策をダッシュボード形式のWEBツールとして提供。ゲーム内プロモーション施策の効果測定やセールスランキングと運用効果の相関関係を時系列で分析できる。
 

Sp!cemart
カレンダー・レポート
お問い合わせ


本連載記事ではSp!cemart協力のもと、カレンダー機能を用いた、ランキング上位タイトルの直近のゲーム内施策を分析。今回は、アニプレックス(開発:ディライトワークス)のFate/Grand Order』の施策をピックアップしていく。

   
(以下、Sp!cemartゲームアプリ調査隊より) 
 

【調査箇所】5周年首位。無料DLランキングも急浮上


■『 Fate/Grand Order
提供:アニプレックス(開発:ディライトワークス)
リリース日:2015年8月12日
【調査箇所:2020年8月1日〜8月31日】


 

Fate/Grand Order(以下、FGO)』は、2020812日でリリースから5周年を迎えました(Android版は730日)。

本作は、言わずと知れた大ヒットゲームアプリのひとつ。TVアニメでもお馴染み、TYPE-MOONがおくる「Fate」シリーズのスマートフォン向けRPGです。リリース当初は、タクティカル・コマンドフェイズから成る特徴的なバトルや、100万字超という圧倒的なボリュームを堪能できるストーリーについて魅力を訴求していました。

さて、リリース当初からアプリストアのセールスランキング首位に輝き、以降、つねにランキング上位を維持し続けてきた大ヒットゲームアプリも今年で5周年を迎えました。

8月のセールスランキングはおおむね10位〜20位の間で推移していましたが、5周年を記念する各種キャンペーンが実施されると、一気に1位に浮上。その後も8月中はほぼTOP3を維持し、老舗人気RPGの強さを改めて見せていました。

また、ダウンロードランキングも200位圏外から最高20位まで上昇していたことから、新規・復帰ユーザーの流入も多くあったものと思われます。

本稿では、ランキング推移とゲーム内施策を一覧で閲覧できる「Sp!cemartカレンダー」を用いり、『FGO』5周年施策について調査しました(なかでも8月12日近辺)。なお、今回は同時に実施された施策が非常に多かったため、個々の内容はなるべく簡潔にまとめています。

 

 【5周年施策①】大盤振る舞いと新たなチャレンジ


 今回の5周年施策では、8月12日近辺を中心に時系列ごとで紹介していきます。

【期間限定イベント】
「FGO カルデア放送局 5周年SP ~under the same sky~」
配信直前キャンペーン開催
8月5日(水)1800826日(水)1259<日数:22日>
特徴:周年記念、限定クエスト

これは、後述する8月10日の5周年生放送を記念して実施された2つのキャンペーンです。

①5周年記念メモリアルクエスト(8/5〜8/19)
※:アイテムの交換は26日が期限

②サーヴァント強化クエスト 12弾
〜5th Anniversary〜特別編(8/5〜8/11 or 12)

①はストーリーのなかから印象に残るバトルを集めたクエストで、8月5日から9日までは2つずつ、10日には1つが配信されました。各クエストの初回クリア報酬は、期間限定概念礼装(装備品)の「英霊紀行」や、ガチャチケット「呼符」など。「英霊紀行」にはFGO5周年記念広告企画「Under the same sky」にて描き下ろされたイラストが使用されていたことが大きな特徴でした。

▲「英霊紀行」の一部。全部で48種類存在し、クエストのクリア状況に応じて最大で2枚好きなものを選んで獲得できました。性能はいずれも装着サーヴァントのステータスアップ+サポート時獲得フレンドポイント増加で、限界突破回数とレベルは最初から最大でした。ちなみに「Under the same sky」とは、「ゲーム中に登場するサーヴァントが各都道府県を訪れたら?」をコンセプトに、全国の新聞にて47都道府県分の描き下ろしイラストが公開されていく、日本縦断企画です(47都道府県が対象だが、イラストは48種類あった模様)。

②は以前から実施されていた「サーヴァント強化クエスト」の第12弾(最新版)。5周年を記念し、計14体のキャラの強化クエストを6日間恒常として追加するという内容でした。なおキャンペーンとは異なりますが、これ以外にも倍速の対応演出を増やす、バトル開始時の演出をタップでスキップできるようにするなどの各種アップデートが告知されていました。

【ガチャイベント】
「5周年記念英霊紀行ピックアップ召喚(日替り)」
8月5日(水)1800819日(水)1259<日数:15日>
特徴: 周年記念、ピックアップガチャ

先述の概念礼装「英霊紀行」がメインのピックアップガチャです。内容は47都道府県が全6ブロックに分けられ、各ブロックの「英霊紀行」が日替わりでピックアップされるというもの。なお、このガチャで排出される概念礼装は「英霊紀行」に限定されていました(排出率は56%)。

▲訴求バナー。ちなみに本作のガチャイベントはサーヴァントが目玉であることが原則なので、今回はレアケースとなるでしょう。

ちなみにネットの情報によると「英霊紀行」の基になった「Under the same sky」のイラストが掲載された各地の新聞は、基本的に瞬く間に完売したとのこと。以上のことから、このガチャでコンプリ−トを 狙うユーザーも多かったと予想されます。


▲日本地図の形で各地の英霊紀行とブロック分けを示していました。
 

【プロモーション】
FGO カルデア放送局 5周年SP under the same sky~
8月10日(月)1515810日(月)1830頃<日数:1日>
特徴: 周年記念、公式生放送

5周年を記念した生放送番組。最新情報の発信はもちろんのこと、本作の主題歌を歌う坂本真綾さんなどが出演するライブパート、クイズ、Twitterアンケートなどさまざまな企画が実施されました。また、15時15分から30分まで行われた事前配信ではオフィシャルグッズの実物紹介なども。

なお、出演者は1つの会場に集まっていましたが、仕切りとしてアクリル板が置かれ、一定間隔を空けて座るよう対策が取られていました。現在はタイムシフトが非公開になっていたため詳細はほぼ確認できなかったですが、ニコニコ生放送では153,864人が視聴していました。

▲お馴染みの生放送連動Twitterキャンペーンも実施。毎度番組開始後すぐに達成されており、今回も同様でした。ちなみに配布個数は当初12個でしたが、生放送中の企画の影響により、最終的に90個になりました(10,800円相当)。

 

【5周年施策②】驚異の10大キャンペーン

 

 【期間限定イベント】
Fate/Grand Order ~under the same sky~ 10大キャンペーン
8月10日(月)1830824日(月)1259<日数:15日>
特徴: 周年記念

5周年記念で実施された10種類のキャンペーン。大きく分けると、期間限定と恒常の2種類がありました。なお、10大キャンペーンには入っていなかったですが、サーヴァントの霊衣(スキン)を獲得できるクエストや復刻クエストなども実施されていました。

●5周年記念 10大キャンペーン

【1】
5周年記念特別ログインボーナス&特別回数ログインボーナス

8月11日(火)400821日(金)3:59
5周年を記念したログインボーナスを配布

【2】
期間限定で全曜日クエスト消費AP1/2&「種火集め」「修練場」クエスト全開放

8月10日(月)1830817日(月)12:59
期間中はすべての曜日クエストの消費スタミナが半減し、
特定のクエストをすべて開放

【3】
期間限定で大成功・極大成功率がアップ

8月10日(月)1830817日(月)12:59
すべてのサーヴァントおよび概念礼装の強化時の大成功・極大成功率が5倍に

【4】
所持枠が大幅拡大

8月10日(月)18:30
①コマンドコードの所持枠を250→300に拡張
②サーヴァントおよび概念礼装の保管枠を200枠拡張
(②は交換所で「マナプリズム」を消費して実行)
 
【5】
マスターミッションにデイリーミッション追加
マスターミッションのクリア報酬を追加
8月11
日(火)0:00
L①デイリーミッションを3つクリアすると「マナプリズム」30個を獲得できるようになる
 (従来よりも達成すべき条件は軽くなりつつも、報酬は据え置き)

L②メインクエスト、メインレコードのフリークエストなど、
  各種クエストをクリアすることで得られる報酬を追加

【6】

登録できるフレンド枠を拡張
マスターミッションに5周年記念ミッションを追加
8月10
日(月)18:30
L①フレンド枠を5人分追加
L②8/10(月)18:308/24(月)23:59までにフレンド・フォローを
  5人追加することで「マナプリズム」や「呼符」を得られる

【7】
コマンド・リムーバーなしでコマンドコードの分離が可能に
コード・リムーバーを使うと、コマンドコードスロットを開放前の状態に戻せる
8月10日(月)18:30

L①サーヴァントのコマンドカード(バトル時のコマンド)に
 追加効果を与える「コマンドコード」を取り外す際に必要だった「コマンド・リムーバー」が不要になる
L②「コマンド・リムーバー」を使用することで、一度開放したコマンドコードスロットを封印できる

【8】
サーヴァント強化クエスト 第12
弾 Fate/Grand Order〜5th Anniversary〜特別編
8月5日(水)~811日(火)or8月12日(水)
サーヴァント強化クエストの第12弾が開催中であることと、
8/10(月)18:30から対象サーヴァントが4騎追加されることの告知

【9】
①メインクエスト第2部
4章〜第5章 アトランティスまでの消費AP1/2恒常化
②第2部
第5章オリュンポスまで進行度報酬追加
8月10日(月)18:30

L①メインクエストの特定の部分までは、消費するスタミナが半減
L②メインクエストのすべての進行度報酬に「聖晶片(7個で聖晶石1個と交換可能)」を追加
 すべて獲得した場合は「聖晶石」149個分(17,880円相当)

【10】
期間限定「福袋召喚」開催

8月10日(月)1830824日(月)12:59
福袋ガチャを開催

本稿では、10大キャンペーンの中から【1】と【10】のゲーム内施策を深掘り。

【期間限定ログインボーナス】
5周年記念特別ログインボーナス&特別回数ログインボーナス
8月11日(火)400821日(金)3:59<日数:11日>
特徴:周年記念、通算ログボ、ガチャチケット配布

10大キャンペーンで実施されたログインボーナスでは、下記の2種類がありました。

●特別連続ログインボーナス
(7日間連続で得られるが、途中で途切れると残りの報酬が消滅)
【1日目】QP×10,000,000(ゲーム内通貨)
【2日目】フレンドポイント×100,000(フレンドポイント)
【3日目】叡智の猛火ALL★4(SR)×10(強化素材)
【4日目】黄金の果実×10(スタミナ回復アイテム)
【5日目】英霊結晶・太陽のフォウくんALL★3(ATK)×10(強化素材)
【6日目】英霊結晶・太陽のフォウくんALLHP)×10(強化素材)
【7日目】呼符×10(ガチャチケット)


特別回数ログインボーナス
(4日間得られ、途中で途切れても残りの報酬が消滅しない)
【1日目】マナプリズム×200(交換用アイテム)
【2日目】英霊結晶・流星のフォウくんALL★4(HP)(強化素材)
【3日目】英霊結晶・流星のフォウくんALL★4(ATK)(強化素材)
【4日目】レアプリズム(交換用アイテム)


 

【5周年施策③】★5 アルトリア・キャスターが新登場

 
【ガチャイベント】
5周年記念特別ログインボーナス&特別回数ログインボーナス
8月10日(月)1830824日(月)1259<日数:15日>
特徴:周年記念、最高レア確定、レアリティ保障、 有償限定、回数制限付

10大キャンペーンで実施された福袋ガチャ。本作の周年イベントではお馴染みの施策ですが、仕様が毎回異なることが特徴の1つとなっています。

今回は「サーヴァントが登場した年代」でガチャが分けられており、いずれも各福袋に対応した★5、★4のサーヴァントが1体確定で排出されるというものでした。なお★5は期間限定サーヴァントだけが対象ですが、★4に関しては恒常サーヴァントも対象でした。

ガチャを回すためには有償の「聖晶石」が15個(最高単価ですべて単品購入すると1,800円相当)必要で、1人1回限定です。本作は最高レアを確実に獲得するチャンスが他のタイトルと比べて少ないため、このガチャは微課金、あるいは無課金だったユーザーにとっても課金する機会になっている可能性が高いと筆者は考えます。

▲イベント説明画像。SNSや攻略サイトでは、毎回福袋の内容の予想が盛り上がっていました。

※参考【有償アイテム・聖晶石のラインナップ】
・聖晶石 有償1個(120円)<単価:120.00円/割引率:0.0%>
・聖晶石 有償4個+無償1個(490円)<単価:98.00円/割引率:18.3%>
・聖晶石 有償12個+無償7個(1,480円)<単価:77.89円/割引率:35.1%>
・聖晶石 有償25個+無償16個(2,940円)<単価:71.71円/割引率:40.2%>
・聖晶石 有償42個+無償35個(4,900円)<単価:63.64円/割引率:47.0%>
・聖晶石 有償86個+無償82個(10,000円)<単価:59.52円/割引率:50.4%>

※通常ガチャではバトルに参戦するキャラクターと、装備品として機能する概念礼装の2種類が排出されます。レアリティは★3(排出率:キャラ40%・概念礼装30%)→★4(排出率:キャラ3%・概念礼装12%)→★5(排出率:キャラ1%・概念礼装4%)の順。価格帯は、ガチャ1回で聖晶石3個(360円相当)、★4以上1個、★3以上のサーヴァント1騎確定の10連で聖晶石30個(3,600円相当)です。

【ガチャイベント】
「5周年記念ピックアップ召喚(日替り)」
8月10日(月)1830824日(月)1259<日数:15日>
特徴: 周年記念、ピックアップガチャ

日替わりでピックアップ対象が変化するガチャ。目玉となったのは、5周年記念で登場した「★5 アルトリア・キャスター」や「★5レオナルド・ダ・ヴィンチ(ライダー)」など。なお前者は新登場、後者は再登場となります。

【期間限定イベント】
「Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM」
配信記念キャンペーン開催
8月11日(火)2010825日(火)1259<日数:15日>
特徴: 周年記念、リリース記念

8月11日、5周年を記念して企画された新規タイトル『Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM』(FGOW)がリリースされました。本稿では詳細は割愛しますが、同作は簡単に言えば『FGO』のリズムゲームです。そして、このタイトルのリリースを記念して『FGO』は下記のキャンペーンを実施しました。

●限定概念礼装が手に入る記念クエスト
●サポートキャラに「マシュ・キリエライト」を選択した(された)場合、
フレンドポイントの獲得量が2倍に

▲訴求バナー。ちなみに『FGOW』は先着55万人だけがダウンロード可能でしたが、リリースから2日後の13日には上限に到達。825日の20時30分から再配信もされていましたが、24時間限定でした。

【期間限定イベント】
劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」Ⅲ.spring song
公開記念キャンペーン開催
8月12日(水)1800911日(金)23:59<日数:31日>
特徴: 特殊記念

劇場版「Fate/stay night [Heaven‘s Feel]」Ⅲ.spring songが公開されることを記念したキャンペーンが実施されました。5周年イベントの盛り上がりには、おそらくこの映画の公開も影響していたことでしょう。

●劇場版公開記念キャンペーン
【1】アルトリア・ペンドラゴン(セイバー)の簡易霊衣開放権を「マナプリズム」に追加
【2】魔術礼装「2004年の断片」獲得クエストを期間限定で復刻
【3】パールヴァティ−の体験クエストを期間限定で復刻
【4】サーヴァント2騎のバトルモーションおよび宝具演出をリニューアル
【5】公開記念週替りログインボーナス


▲週替りで得られた概念礼装。



さて、今回紹介した『FGO』5周年施策は、あくまでも一部です。これだけの数の施策を展開していることに驚きですが、新作ゲームアプリのリリースや、劇場版の公開に合わせた施策など、スケールの大きさが印象的でした。

セールスに寄与した施策はもとより、多角的なプロモーション(及びマーチャンダイジング)とゲーム内の施策を織り交ぜたことで、無料ダウンロードランキングの急浮上につながったのは特筆すべき点です。

5周年を迎えた『FGO』は、長期運営タイトルのひとつです。今なおランキング上位を維持していることに驚きですが、休眠ユーザーの呼び戻し、新規の開拓、継続率の向上は、つねに抱える課題として向き合っていることでしょう。

「Sp!cemartカレンダー」では、各ゲームのイベント情報をランキング推移と共に閲覧できます。自社はもとより、競合他社の施策一覧を取りまとめた分析などにもご活用できます。ぜひ、ご興味がある方はお問い合わせページからご連絡ください。

Sp!cemart
カレンダー・レポート
お問い合わせ

 
■執筆 <株式会社スパイスマート>
スマートフォンゲーム内運用に関する調査・分析を行うリサーチ事業とコンサルティング事業を展開しており、「Sp!cemart」というサービス名称で各種ソリューションを提供。

コーポレートサイト:http://corp.spicemart.jp/
Sp!cemart 商品に関する問合せ:info@spicemart.jp
 

■Sp!cemartゲームアプリ調査隊 バックナンバー

Vol.1 〜待望のシリーズ最新作『マリオカート ツアー』、リリースから直近1ヵ月の運営施策を探る〜

Vol.2 〜新作リズムゲーム『欅坂46・日向坂46 UNI'S ON AIR』、リリースから直近1ヵ月の運営施策を探る〜

Vol.3 〜初週で全世界1億DLを記録した『Call of Duty®: Mobile』、リリースから直近1ヵ月の運営施策を探る〜

Vol.4 〜Riot Games大特集。新作『Team Fight Tactics』の概要から『LoL』の直近プロモ・e-Sports施策まで〜

Vol.5 流入から定着まで繋げた7つの施策…大ヒット中の『FFBE 幻影戦争』、事前登録からリリース直後の施策を総まとめ

Vol.6 事前プロモ(ほぼ)なし…突如配信された『ワールドフリッパー』ヒットの背景。リリース前後の施策を分析

Vol.7 運営7周年を迎えた長期運営タイトル『にゃんこ大戦争』…長く愛される理由をゲーム“内外”の施策から分析

Vol.8 好調なリスタートを切った『魔界戦記ディスガイアRPG』、リリース中断から再開までの8ヵ月間の動向を分析

Vol.9 大ヒット中の『デュエル・マスターズ プレイス』、売上ランキング2位の背景をIP×マネタイズの観点から分析

Vol.10 スマホ向けパズルゲームのトップを走る『ガーデンスケイプ』の施策とシリーズの強みを分析

Vol.11 海外発のストラテジーゲーム『Rise of Kingdoms -万国覚醒-』がヒットの兆し。リリース前後の施策を分析

Vol.12 ヒットを生み出し続けるYostar待望の新作『アークナイツ』を分析。リリース前施策からマネタイズまで

Vol.13 売上ランキングTOP10入りの『メダロットS』を分析。既存ファンに向けた「メダロット」ならではの露出も

Vol.14 ゲームはスローライフだが運営施策は挑戦的…『どうぶつの森 ポケットキャンプ』これまでの歩み

Vol.15 目指したのは「リアルなミニ四駆体験の追求」…『ミニ四駆 超速グランプリ』ヒットの背景を分析

Vol.16 『モンスト』×「鬼滅の刃」コラボを分析…IP頼りで終わらず、推奨行動など多様な施策で盛り上げる

Vol.17 放置ゲームの新たな形『ロストディケイド』の挑戦。“放置させない”循環や独自性の高いマネタイズも

Vol.18 『モンスターハンター ライダーズ』はゲーム系IP作の新境地。改めて考えるモンスターの価値と魅力

Vol.19 原作再現度の高さで話題沸騰――大ヒット中『このファン』のゲーム内外施策を調査

Vol.20 新旧ではなく共存共栄――『あんさんぶるスターズ!!Basic&Music』リリース前後のゲーム内外施策を調査

Vol.21 周年施策から辿る『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』大ヒットの背景。1・2・3周年でなにが起こったのか

Vol.22 原作の裾野を広げる『ヒプノシスマイクARB』。話題沸騰の「ヒプマイ」ゲームアプリのリリース前後施策を分析

Vol.23 『ディズニーツイステッドワンダーランド』TOP3入りの背景。ゲーム内外の演出と注目ポイントを分析

Vol.24 無料DL・セルラン共に急上昇――最新作『あつ森』発売後、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』で何が起こったのか

Vol.25 中国テンセントゲームズが放つ近未来MMORPG『コード:ドラゴンブラッド』が大ヒット。国内ユーザーに響いた理由を探る

Vol.26 セルラン首位を2度獲得した『FFBE 幻影戦争』。該当期間にフォーカスして徹底分析

Vol.27 放置ゲームの新たなヒット作『魔剣伝説』。“縦画面のMMORPG”を謳った功罪からゲーム概要まで

Vol.28 『Ash Tale~風の大陸~』が1周年。人気を継続する背景をゲーム内施策から紐解く

Vol.29 原作と二次創作へのリスペクトに満ち溢れた『東方LostWord』。大ヒット中の東方×スマホゲームの施策を分析

Vol.30 勢いが止まらない『ディズニー ツイステッドワンダーランド』…ランキング上位を維持する背景とその魅力

Vol.31 最近話題の「ハイパーカジュアルゲーム」。人気タイトル3本のマネタイズと画面UIを徹底分析

Vol.32 硬派な海外IPタイトルでも中身は日本人好み…『Fallout Shelter Online』国内ヒットの背景を分析

Vol.33 『白猫プロジェクト』×「鬼滅の刃」コラボを分析…新規・休眠復帰ユーザーの流入にも大きく貢献

Vol.34 間もなく夏本番。長期間展開する「夏休み施策」で各社どのような取り組みを行っているのか

Vol.35 リニューアルから早3ヵ月…『あんさんぶるスターズ!!Basic/Music』が示した共存共栄と5年間の厚み

Vol.36 リリース1週間でセルランTOP10入りを果たした新進気鋭の放置型RPG『AFKアリーナ』、国内ヒットの背景を分析

Vol.37 国内を賑わす“ケモガールRPG”『レッド:プライドオブエデン』とは。キャラの魅力を存分に引き出す演出と施策を分析

Vol.38 セルラン最高1位の『ドラゴンクエストタクト』ヒットの背景を分析。信頼と懐かしさと、裾野を広げた関連作の存在

Vol.39 歴代キャラの支えと、新規性に富んだオリジナル要素のチャレンジ。『テイルズ オブ クレストリア』のリリース前後を分析

Vol.40 セルラン1位を獲得した『アークナイツ』。該当期間にフォーカスして徹底分析

Vol.41 『ドラゴンクエストタクト』配信から1ヵ月。セルラン1位を3度も獲得した背景に「りゅうおう」の存在

Vol.42 コロナ禍、初めての夏、間もなく1周年…人気が衰えることのない『ドラゴンクエストウォーク』の夏施策を調査

Vol.43 5周年を迎えた『アイドリッシュセブン』。休眠ユーザーに訴求したSSR7人確定の「無料77連ガチャ」が話題

Vol.44 リリースから半年の『このファン』を調査。夏施策も話題になったこれまでと、次の周年に向けたこれから

Vol.45 飛ぶ鳥を落とす勢いの『AFKアリーナ』。放置系ゲームとしての魅力・強みはどこにあるのか

Vol.46 大人気ラノベが遂にスマホRPGへ。セルランTOP5入りを果たした『リゼロス』ヒットの背景を探る
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アニプレックスFate/Grand Order(FGO)ディライトワークス

企業情報(ディライトワークス株式会社)

会社名 ディライトワークス株式会社
URL http://delightworks.jp/
設立 2014年1月
代表者 庄司顕仁
決算期
直近業績
上場区分
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事