スマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > LINE Digital Frontier、「LINEマンガ...

LINE Digital Frontier、「LINEマンガ」が京都精華大学とのコラボ講義を2020年10月より開講 タテ読みマンガの企画立案から制作までを実践

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINE Digital Frontierは、電子コミックサービス「LINEマンガ」が、マンガ家志望の方に向けた専門カリキュラムを持つ京都精華大学とのコラボレーション講義を2020年10月より開講することを発表した。

今回のコラボ講義は、マンガ家を目指す学生が在籍し、プロとして活躍する卒業生を多数輩出している「京都精華大学 マンガ学部」にて、スマートフォン画面での閲覧に特化し、諸外国でも新たなマンガムーブメントを起こしている「タテ読みマンガ」の企画立案から制作までを実践的に学べるカリキュラムを実施する。大学で講義を行うのは「LINEマンガ」としては初の試みで、2020年10月から2021年2月までの全15回を予定している。

本カリキュラムでは、「タテ読みマンガ」についての座学だけでなく、「LINEマンガ」の読者を意識し、アプリ内に表示されるサムネイルを考えながら作品を企画、さらには投稿を想定した作品制作を行っていく実践型の講義を実施する予定だ。数多くの作品が並ぶアプリ画面では、最初に目にするサムネイル画像が非常に重要になるため、「LINEマンガ」で作品を発表するためのポイントを交えながら講義をしていく。

講義内で作ったネームや完成した作品については「LINEマンガ」編集部による講評が行われ、受講者に対してフィードバックを行い、作品のブラッシュアップを重ねていく。また、「LINEマンガ」内の「インディーズ」コーナーを活用し、作品を投稿するプロセスも体験できる。

優秀作品は、講義外にて「LINEマンガ」編集部のサポートのもと「LINEマンガ」の企画プレゼンに参加することができ、連載デビューに直結した指導を行う。

「LINEマンガ」は、これまでにも「マンガ家応援プロジェクト」や現在開催中の「タテ読みちょうだいプロジェクト」など、日本だけでなくグローバルでもヒットする作品の発掘やマンガ家の育成・サポートに取り組んできた。今後もマンガ家を志す方々を支援する取り組みを強化していくとしている。
 

<LINEマンガ×京都精華大学 マンガ学部 コラボレーション講義について>


【実施期間】
2020年10月~2021年2月

【受講人数】
20名程度

【講義概要】
プロのマンガ家を目指す受講者に向けて、タテ読みマンガの作品企画から制作までを学習してもらう

【講義計画】
・タテ読みマンガの技術についての講習、 演習
・タテ読みマンガの連載企画(アプリ内に表示されるサムネイル画像からネームまでを実際に制作)
・タテ読みマンガの制作(フルカラーでの原稿を製作予定)
・LINEマンガ編集部による講評
※講義内容は変更となる場合がある。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事