スマホアプリ&ソーシャルゲーム資金調達記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ファンタジースポーツ『SPORTS CROWN』運営のRab...

ファンタジースポーツ『SPORTS CROWN』運営のRabona、「SPORTS CROWN」に社名変更 里見治紀氏や國光宏尚氏らから1.2億円の資金調達

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


新しいスポーツ観戦スタイルとして世界的に注目されているファンタジースポーツ『SPORTS CROWN』を運営しているRabonaは、10月7日、社名を「SPORTS CROWN」に変更するとともに、里見 治紀氏や國光 宏尚氏、見城 徹氏らを割当先として第三者割当増資による総額1億2000万円、累計1億9000万円の資金調達が完了したことを明らかにした。

ファンタジースポーツとは、自分の好きな選手を選んで架空のスポーツチームを編成するシミュレーションゲーム。海外におけるファンタジースポーツの市場は大きく、ファンタジー・スポーツ事業協会(FSTA)によると、米国でのユーザー数は約3200万人で参加者は年間平均で467ドルを費やし、総額150億ドルの一大市場を形成している。

『SPORTS CROWN』(スポクラ)は、2018年1月にサービスを開始し、日本最大級のファンタジースポーツに成長している。『SPORTS CROWN』は、新型コロナウイルスの影響で延期されていたプロスポーツの再開後もユーザー数を伸ばしており、数万人の観戦が難しい中で新たなスポーツの楽しみ方として注目され始めている。

今回調達した資金の使途については、マーケティングの強化やサービスの研究や開発に加え、エンジニアをはじめとする人材採用に積極的に投資していきたい、としている。今後の展開としては集積したデータを活用した企業プロモーション、地域産業と連携した地方創生に一役を担えるようなスポーツテック領域におけるリーディングカンパニーを目指す。


▼投資家情報
・大湯 俊介氏(コネヒト 創業者)
・中川 綾太郎氏(newn inc. 代表取締役)
・國光 宏尚氏(gumi 取締役会長)
・里見 治紀氏 (セガサミーホールディングス 代表取締役社長グループCOO)
・見城 徹氏(幻冬舎 代表取締役社長)
・ベクトル
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事