Aimingに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(10/13)】10日に新作情報が浮上もAim...

【ゲーム株概況(10/13)】10日に新作情報が浮上もAimingが続落 ブロッコリーは利益確定売りに 引け後に1Q決算発表を予定のケイブは堅調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
10月13日の東京株式市場では、日経平均は3日ぶりに反発し、前日比43.09円高の2万3601.78円で取引を終えた。米アップルが日本時間今晩にイベントを開催することを予告しており、新型「iPhon」の発表があるのではとの期待感からその部品関連株などに買いが入った。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、バンク・オブ・イノベーション<4393>やマイネット<3928>、フリュー<6238>などが買われた。また、この日の大引け後に第1四半期決算の発表を予定していたケイブ<3760>もしっかり。

半面、前週末に発表した第2四半期決算の内容を好感して前日は大幅続伸となっていたブロッコリー<2706>は利益確定の売り物に押され、アクセルマーク<3624>やAiming<3911>なども売られた。

Aimingは、ビーグリー<3981>が10月10日に発表した「無職転生~異世界行ったら本気だす~」初のスマートフォンゲーム『無職転生~ゲームになっても本気だす~』の開発・運営を担当していることが明らかになったものの、前日、今日と続落する形となっており、特に強力な材料としては受け止められていないようだ。

ほか、コムシード<3739>が6日続落し、8月28日の直近安値535円を割り込んだ。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Aiming

企業情報(株式会社Aiming)

会社名 株式会社Aiming
URL http://aiming-inc.com/
設立 2011年5月
代表者 椎葉 忠志
決算期 12月
直近業績 売上高68億2900万円、営業損益29億4900万円の赤字、経常損益29億4700万円の赤字、最終損益29億7200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3911

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事