アルファポリスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(10/21)】コムシードが大幅反発 「月が導...

【ゲーム株概況(10/21)】コムシードが大幅反発 「月が導く異世界道中」のTVアニメ化材料にアルファポリスも高い CAは一時7000円乗せ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
10月21日の東京株式市場では、日経平均は反発し、前日比72.42円高の2万3639.46円で取引を終えた。米国の追加経済対策の与野党協議が進展していると伝えられたことが、国内市場にも追い風として働いた。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、コムシード<3739>が大幅反発したほか、サイバーステップ<3810>やケイブ<3760>が買われた。コムシードは、日本配信版の企画・開発・運営に参画している『ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト』の事前登録者数が40万人を突破したと発表されたことなどが株価の刺激材料となっているようだ。

また、周辺株では、アルファポリス<9467>が急反発した。アルファポリスは、「月が導く異世界道中」のTVアニメ化発表が市場から素直に評価されたもよう。

半面、前日買われたガンホー<3765>が反落し、スクウェア・エニックスHD<9684>やカプコン<9697>など大手ゲーム株の一角もさえない。

サイバーエージェント<4751>は、一時7000円大台に乗せたものの、目先達成感から後場は値を崩した。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アルファポリスコムシード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事