20年7-9月決算、サイバーエージェントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > サイバーエージェント、20年9月期の営業益は9.9%増の33...

サイバーエージェント、20年9月期の営業益は9.9%増の338億円 ABEMAへの投資継続もゲームとネット広告堅調で増益確保

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
サイバーエージェント<4751>は、この日(10月28日)、2020年9月期の連結決算を発表し、売上高4785億6600万円(前の期比5.5%増)、営業利益338億8000万円(同9.9%増)、経常利益338億6300万円(同11.1%増)、最終利益66億0800万円(同289.9%増)だった。

メディア事業で引き続き投資を行ったものの、ゲーム事業とネット広告事業が堅調に推移した。

 


①メディア事業
メディア事業には、「ABEMA」、「Ameba」、「タップル」等が属している。「ABEMA」への投資をしつつ、売上を伸ばし、売上高570億9800万円(前年同期比22.6%増)、営業損失182億6700万円(前の期は168億6200万円の損失)となった。


②ゲーム事業
ゲーム事業には、Cygames、Craft Egg、サムザップ等が属している。既存タイトルが堅調に推移しつつ、新規タイトルのヒットもあり、売上高1558億6100万円(同2.4%増)、営業利益303億3700万円(同16.5%増)となった。


③インターネット広告事業
インターネット広告事業には、インターネット広告事業本部、CyberZ等が属している。コロナで広告需要減の影響を受けるも、売上高2693億9600万円(同5.0%増)、営業利益210億7100万円(同7.3%増)となった。


④投資育成事業
投資育成事業にはコーポレートベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・キャピタルにおけるファンド運営等が属しており、売上高40億9200万円(同36.3%減)、営業利益30億6800万円(前年同期比33.2%減)となった。


⑤その他事業
その他事業には、CAM、マクアケ、ゼルビア等が属しており、売上高195億9900万円(同3.4%増)、営業利益13億円(同43.3%増)となった。


 
■2021年9月期の見通し

続く2021年9月期は、売上高5000億円(前期比4.5%増)、営業利益300~350億円(同11.5%減~3.3%増)、経常利益300~350億円(同11.4%減~3.4%増)、最終利益80~100億円(同21.1%~51.3%増)を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 20年7-9月決算サイバーエージェント

企業情報(株式会社サイバーエージェント)

会社名 株式会社サイバーエージェント
URL http://www.cyberagent.co.jp/
設立 1998年3月
代表者 藤田晋
決算期 9月
直近業績 売上高3713億円、営業利益307億円、経常利益287億円、最終利益40億円(2017年9月期)
上場区分 東証1部
証券コード 4751

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事