20年7-9月決算、ソニーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ソニー、21年3月期のゲーム事業の営業益見通しを2400億円...

ソニー、21年3月期のゲーム事業の営業益見通しを2400億円から3000億円に大幅上方修正…ゲームソフトやPS Plusの売上が想定上回る

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー<6758>は、この日(10月28日)、2021年3月期のゲーム事業の業績予想を上方修正した。売上高を従来予想の2兆5000億円から1000億円引き上げて2兆6000億円に、営業利益を2400億円から600億円引き上げて3000億円とした。

同社では、上方修正について、アドオンコンテンツを中心としたソフトウェア販売の見込みが予想を上回ることに加えて、プレイステーションプラス(PS Plus)の増収が主な要因と説明している。

 


同時に発表した中間決算は、売上高が前年同期比11%増の522億円、営業利益が同61.4%増の399億円と大幅増益となった。新型機への端境期で売上減となったプレイステーション4のハードウェアの減収を補って増収増益を達成した。

同社では、PS4のハードウェアの減収とコスト増加度などの要因があったものの、自社制作ソフトとPS Pluの売り上げが伸び、全体として増収増益になった、としている。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 20年7-9月決算ソニー

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事