20年7-9月決算、アニプレックスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ソニー、21年3月期の音楽事業の営業益見通しを1300億円か...

ソニー、21年3月期の音楽事業の営業益見通しを1300億円から1520億円に増額…『FGO』『ツイステ』『鬼滅の刃』など好調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニー<6758>は、この日(10月28日)、2021年3月期の音楽事業の業績予想を上方修正した。売上高を従来予想の7900億円から600億円引き上げて8500億円に、営業利益を1300億円から220億円引き上げて1520億円とした。

同社では、上方修正の理由について、音楽制作におけるストリーミング配信売り上げが伸びたことに加えて、『Fate/Grand Order(FGO)』や『ディズニー ツイステッドワンダーランド』のモバイルゲームの好調、『鬼滅の刃』などアニメ事業の好調をあげた。

 


同時に発表した9月中間決算は、売上高2309億円(前年同期比5.2%増)、営業利益529億円(同41.1%増)と増収増益だった。

ストリーミング音楽配信や音楽のパッケージメディアの販売が好調だったとのこと。海外での事業譲渡に伴い、54億円の利益計上を行ったことも営業利益を押し上げた。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アニプレックス20年7-9月決算ソニー

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事