ABEMA、サイバーエージェントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 「ABEMA」、第4四半期の売上高は44%増の176億円に急...

「ABEMA」、第4四半期の売上高は44%増の176億円に急拡大 本格始動の「ペイパービュー」貢献 月額会員も年内100万人にメド 赤字は段階的に縮小へ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
サイバーエージェント<4751>は、この日(10月28日)、2020年9月期の決算説明会(オンライン開催)で、第4四半期(20年7~9月)のメディア事業の売上高が前年同期比44.3%増の176億円と大幅伸びたことを明らかにした。PayPerView(以下、パイパービュー)を本格始動したことが奏功した。ただ、営業損失については、パイパービューへの投資なども行ったことで45億円の営業損失となった。
 


パイパービューでは、LDHやももいろクローバーZ、独自の格闘技イベント、男性声優15人による音楽イベントなどを配信した。とりわけ「秋のアベマLDH祭り」では有力ゲームアプリを抑えてApp Storeのセールスランキングで首位に経ったことは記憶に新しい。「コロナ収束後にリアルライブは反動で増えそうだが、オンラインライブの定着を目指していきたい」(藤田晋社長)。
 
【関連記事】
『ABEMA』が20年9月の非ゲームアプリの売上ランキングで2位に浮上 サイバーエージェントの決算は10月28日の予定
『ABEMA』がApp Storeセールスランキングで『DQウォーク』に次ぐ2位に 9日間連続の「秋のアベマLDH祭り」を開催中【その後首位に】
『ピッコマ』が『LINEマンガ』を抜いて7月非ゲームアプリ売上ランキングで首位に! 「ABEMA」も4位に続伸 AppAnnie調査


また、公営ギャンブルの投票サービス「WINTICKET」は年前同期比で17倍の137億円に拡大。ABEMA公式通販「ABEMA Shopping」についても『鬼滅の刃』コラボキャンペーンの効果もあって伸びているそうだ。
 


このほか、有料会員である「ABEMAプレミアム」の会員数についても引き続き順調に伸びている。有料会員数は84万4000人に達しており、年内にも1000万人に到達する見通しだ。
 


なお、メディア事業の売上高は570億円、営業損失182億円だった。ABEMAと周辺事業に限定すると185億円で前の期の206億円から赤字幅が縮小した。今後はマネタイズを強化して赤字幅を一気に縮小していく考えはなく、段階を踏みながら徐々に減らしていく考えだ。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( サイバーエージェントABEMA20年7-9月決算

企業情報(株式会社サイバーエージェント)

会社名 株式会社サイバーエージェント
URL http://www.cyberagent.co.jp/
設立 1998年3月
代表者 藤田晋
決算期 9月
直近業績 売上高3713億円、営業利益307億円、経常利益287億円、最終利益40億円(2017年9月期)
上場区分 東証1部
証券コード 4751

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事