20年7-9月決算、コムシードに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > コムシード、2Q(4~9月)は売上高19%増ながら1.3億円...

コムシード、2Q(4~9月)は売上高19%増ながら1.3億円の営業赤字を計上 新作『ビッグバッドモンスターズ』は想定以下の推移に…継続率に課題

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
コムシード<3739>は、11月12日、2021年3月期の第2四半期累計(4~9月)の決算(非連結)を発表、売上高6億7100万円(前年同期比19.0%増)、営業損益1億3300万円の赤字(前年同期200万円の赤字)、経常損益1億4000万円の赤字(同300万円の赤字)、最終損益2億2200万円の赤字(同3000万円の赤字)となった。

既存事業が堅調に推移し、新規サービスの売上も加算されるなど、全ての分野において増収となった。一方、利益については、『ビッグバッドモンスターズ』など新規サービスの広告宣伝費が大きく影響し、営業損失を計上した。また、サービスの 一部タイトルで当初計画していた収益性の乖離が発生した各資産グループについて固定資産の減損処理を実施し、7400万円の特別損失を計上した。
 

6月24日にサービス開始した『ビッグバッドモンスターズ』は、継続率に課題を残しており、想定以下での推移となった。また、同社が日本版のローカライズおよび運営に参画している『ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト』は、10月29日より配信開始となっている。
 

なお、なお、2021年3月期の業績予想については、現時点で合理的な算出が困難なため非開示としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 20年7-9月決算コムシード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事