20年7-9月決算、GRAVITYに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ガンホー、3Q(7~9月)売上高はQonQで14%増 子会社...

ガンホー、3Q(7~9月)売上高はQonQで14%増 子会社GRAVITYの新作『Ragnarok Origin』が貢献 GRAVITYの売上高はQonQで52%増に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>は、本日(11月13日)、2020年12月期の第3四半期累計(1~9月)の連結決算を発表した。その第3四半期期間(7~9月)の業績を四半期推移で見てみると、売上高は前四半期14.6%増の254億4400万円、営業利益は同5.2%減の67億1000万円、経常利益は同6.1%減の67億300万円、最終利益は同22.6%減の35億4200万円となっている。

売上高については、『パズドラ』がコラボイベントや新たなオリジナルイベントの好評で堅調に推移したことに加え、子会社GRAVITYが7月7日より韓国でサービスを開始した新作『Ragnarok Origin』が好調なスタートを切ったことが大きく貢献した。GRAVITYの売上高は前四半期の74億2600万円から第4四半期は113億2400万円と52.5%の増加となっている。

なお、各利益項目が減益となっているが、これは新作配信に伴う減価償却費の増加のほか、6月25日にサービスを開始したNintendo Switch向けゲーム『ニンジャラ』や『Ragnarok Origin』などの広告宣伝比が増加したことが影響している。
 

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 20年7-9月決算ガンホー・オンライン・エンターテイメントGRAVITY

企業情報(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)

会社名 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
URL http://www.gungho.co.jp/
設立 1998年7月
代表者 森下一喜
決算期 12月
直近業績 売上高923億円、営業利益343億円、経常利益343億円、最終利益223億円(2017年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3765

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事