ディー・エル・イー(DLE)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(12/3)】D2Cプロダクトの開発スタジオへ...

【ゲーム株概況(12/3)】D2Cプロダクトの開発スタジオへの出資を材料にDLEがS高 明日1Q決算発表を控えるエイチームもしっかり

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
12月3日の東京株式市場では、日経平均は小幅ながら3日続伸となり、前日比8.39円高の2万6809.37円で取引を終えた。目先の過熱感の高まりが意識されながらも、新型コロナウイルスのワクチンが早期実用化されることへの期待も高く、前日終値を挟んだ水準でのもみ合い推移が続く形となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、物色が景気敏感株に向かいやすい中にあってさえない銘柄が目立つ中で、コナミHD<9766>やブロッコリー<2706>、マーベラス<7844>などが堅調に推移した。

また、周辺株では、DLE<3686>がストップ高した。DLEは、D2Cプロダクトの開発スタジオであるCREATIVE LABSに500万ドルを出資すると明らかにしたことが株価の刺激材料となったようだ。

ほか、KLab<3656>が年初来高値を更新し、明日12月4日に第1四半期の決算発表を控えるエイチーム<3662>もしっかり。

半面、マイネット<3928>やイマジニア<4644>、バンク・オブ・イノベーション<4393>などが売られた。

任天堂<7974>やスクウェア・エニックスHD<9684>など大手ゲーム株の一角もさえない。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ディー・エル・イー(DLE)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事