ドキドキグルーヴワークスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ドキドキグルーヴワークス、2020年9月期の最終利益は90%...

ドキドキグルーヴワークス、2020年9月期の最終利益は90%増の8431万円…『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』など開発

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドキドキグルーヴワークスの2020年9月期の決算は、最終利益が前の期比で90.5%増の8431万6000円と大幅な増益を達成した。1月4日付の「官報」に掲載された「第7期 決算公告」で判明した。

同社は、デジタルコンテンツの企画・開発、運営、テストを主な事業内容としている。開発実績は、『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』(リリースは2020年10月)や『ヴァルキリーアナトミア -ジ・オリジン-』『剣と魔法のログレス いにしえの女神』などがある。

また、Aiming<3911>のオンラインゲーム事業の拠点である大阪スタジオを2020年4月1日付で取得した。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事