カヤックに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > カヤック、コミュニティ通貨(電子地域通貨)サービス「まちのコ...

カヤック、コミュニティ通貨(電子地域通貨)サービス「まちのコイン」が鎌倉市の「SDGsつながりポイント事業」で導入

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

カヤック<3904>は、同社が開発・提供するコミュニティ通貨(電子地域通貨)サービス「まちのコイン」が鎌倉市の「SDGsつながりポイント事業」で導入されることを発表した。

本事業は、鎌倉市におけるSDGsへの意識醸成、人やコミュニティ等とのつながりの創出および、その可視化を通じて、地域課題の解決や地域経済の活性化、SDGsの達成に向けた取組の推進を目的に実施される。1月5日からスポット登録を開始し、1月19日から鎌倉市全域でポイント運用を開始する。

■事業背景:SDGsの”自分ごと化”と市民・事業者の「共創」によるまちづくりを推進
本事業は、神奈川県がSDGsの達成を図るため、地域の社会的課題の解決に向けた活動に、カヤックが開発したコミュニティ通貨(電子地域通貨)サービス「まちのコイン」を活用し、住民、店舗・企業の直接・間接的な参加を促し、地域活性化とSDGsの”自分ごと化”を図ることを目的に立ち上げた。

鎌倉市は、2018年6月に国から「SDGs未来都市」に選定されるとともに、第3次鎌倉市総合計画第4期基本計画にSDGsの理念を反映させるなど、SDGs達成に向けた取組を推進している。2019年11月21日から12月18日までの約4週間、鎌倉市御成町近辺のエリアで実施された本事業の実証実験は、プラごみ削減やフードロス対策などの活動でポイントを獲得・利用でき、SDGsに関する活動をより身近に楽しく”自分ごと化”できる機会となった。

また一方で、現在拡大する新型コロナウイルス感染症により、鎌倉市でも地域経済、特に飲食店に大きな影響を及ぼしている。その中で地元を応援したいと考える市民も多く、市民の有志がテイクアウトマップを作成したり、同社でもテイクアウト店舗リストをサイトに掲出するなど事業者を支援する活動が出てきている。こうした市民と地元のお店・事業者のつながりをつくるきっかけとしても「SDGsつながりポイント」は活用できると考え、導入が決定した。

<事業概要>
開始時期:2021年1月19日(火)
利用場所:鎌倉市大船地区、鎌倉駅周辺、腰越地区の店舗
利用方法:「まちのコイン」アプリをApp StoreおよびGoogle Playでダウンロードし、1月19日から地域表示を「鎌倉」に選択し利用開始
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( カヤック

企業情報(株式会社カヤック)

会社名 株式会社カヤック
URL http://www.kayac.com/
設立 2005年1月
代表者 柳澤大輔/貝畑政徳/久場智喜
決算期 12月
直近業績 売上高58億1600万円、営業損益3億9100万円の赤字、経常損益3億4700万円の赤字、最終損益2億5300万円の赤字(2018年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3904

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事