Age of Z Origins、Camel Games、ADに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム連載記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲームアプリ調査隊】海外企業が9割を占めるストラテジーゲー...

【ゲームアプリ調査隊】海外企業が9割を占めるストラテジーゲーム市場。なかでも人気急上昇中の『Age of Z Origins』を分析(提供:スパイスマート)

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

スマートフォンゲームの日々の運用とその効果をリサーチし、ゲーム関連企業へマーケティングデータを提供するSp!cemart(スパイスマート)。同社のサービス「LIVEOPSIS(ライブオプシス)」では、ゲームアプリの運用情報をいつでもウォッチできる「カレンダー」や、毎月発行しているレポートを提供している。

なかでもレポートは、各国ゲームアプリ市場の最新マーケットトレンド情報を毎月提供。レポート内では、売上・ダウンロードランキングや主要タイトルの運用データの総括・分析、注目のプロモーション事例や新規タイトル情報など、 定番情報に加え旬のテーマをピックアップしている。
 

LIVEOPSIS
カレンダー・レポート
お問い合わせ


本連載記事ではスパイスマート協力のもと、カレンダー機能を用いた、ランキング上位タイトルの直近のゲーム内施策を分析。今回は、レポートにも掲載された「ストラテジーゲーム調査」の中から、Age of Z Origins』のコアコンテンツやマネタイズなどを紹介。

   
(以下、Sp!cemartゲームアプリ調査隊より) 
 

【調査箇所】市場を賑わすストラテジーゲーム


 
■『Age of Z Origins』
提供:Camel Games Inc
リリース日:2018年10月25日

 
Social Game Info読者のみなさんは、国内ゲームアプリ市場のセールスランキングにて、ストラテジーゲームが常に上位にランクインしているのはご存知かと思います。以前、スパイスマートではセールスランキングトップ200にランクインしているストラテジーゲームを調査したところ、全部で17本該当しました(2020年10月調べ)。
 
さらに17本のうち9割以上が海外ディベロッパーのタイトルであり、ゲームの世界観は歴史(なかでも三国志)を題材にしている傾向がありました。現在は、積極的なデジタルマーケティングをはじめ、他ユーザーとの共闘・競争、やめ時を見失う豊富なコンテンツなど、国内のゲームユーザーからも広く支持されていることがうかがえます。
 
人気タイトルでは『マフィア・シティ-極道風雲』(提供:YOTTA GAMES PTE LTD)や『Rise of Kingdoms ―万国覚醒―』(提供:LILITH TECHNOLOGY HONG KONG LIMITED)、そして数少ない国内ディベロッパーから配信されている『三國志 覇道』(提供:コーエーテクモゲームス)などが挙げられます。
 
次いで、安定してセールスランキングの上位を維持しているのが今回紹介する『Age of Z Origins』です。本作は、ゾンビによって人類が滅亡寸前に追い込まれた世界を舞台とした、ゾンビストラテジーMMO。
 
ユーザーは部隊を編成してゾンビと戦いつつ、都市を再建して人類文明の再生を目指していきます。資源確保のためにゾンビの集まる場所に攻め入ったり、逆に侵攻するゾンビから都市を防衛したりすることもあります。他のユーザーと同盟を結ぶことで、協力しての施設拡張、都市の攻撃や防衛などが可能。
 
▲グラフィックは、3Dと2Dイラストの両方が用いられています。特に、重要キャラクターなどにはLive2Dのイラストや3Dモデルが存在。デザインは全体的に実写寄り。
 
▲編成できる部隊ユニットにも、3Dモデルによるアニメーションが用意されているのも大きな特徴。いわゆるモブキャラも育てたくなるような工夫がされています。
 
本作は2018年10月24日にAndroid版、その翌日にiOS版がリリースされました。リリース当初はそこまで目立った順位ではなかったですが、1年以上をかけて徐々にセールスランキングを上げ、現在は上位の常連に至ります。また、全世界ダウンロード数は2000万突破。
 
本稿では、『Age of Z Origins』のゲームコンテンツを中心に、なにが面白いのか、ほかのストラテジーゲームとはどういう箇所が異なるのかなど、施策よりもクリエイティブに関する内容を紹介していきます。
 
なお、今回紹介する内容の一部は、スパイスマートがゲーム企業向けに提供している「日本マーケットトレンドレポート(2020年11月号)」のストラテジーゲーム特集から抜粋しました。
 
▲レポートで紹介しているストラテジーゲームは、『Age of Z Origins』『マフィア・シティ-極道風雲』『Rise of Kingdoms ―万国覚醒―』『三國志 覇道』の4本。それぞれ基本情報からマーケティング、画面UI、育成・強化要素、課金・ショップ、ゲームサイクル、ユーザー評価などを取りまとめています。
 

【基本情報】タワーディフェンスなど独自の機能も

 
まずは基本情報について。リリース前のマーケティングでは、日本向けに行われたものはほとんど確認できませんでした。
 
Twitterの日本公式アカウント開設は2020年3月。確認できた一番古いプレスリリースがTwitter開設と同じタイミングだったことから、日本で本格的な売り込みを始めたのは、2020年2~3月あたりからだと思われます。
 
▲アニメ調にデフォルメしたキャラクターをTwitterのアイコンや投稿画像に使用したり、カタカナのタイトルロゴが存在したりと、日本向けのアプローチを積極的に行っています。
 
このころから、YouTubeなどで動画広告も見られるようになりました。内容は近頃の海外産ゲームでよく見られる、実際のゲーム画面などを使わない、あるいは実際にはできないことを見せるものが多かったですが、実際の内容に沿ったクリエイティブもいくつかは存在しました。
 
2020年11月時点でのマーケティング施策としては、YouTuberやVTuberとのタイアップがよく見られました。確認できた主なチャンネルでは、「犬山たまき / 佃煮のりおチャンネル」「Shizuka Rin Official」「クロネコの部屋」「しろくろちゃんねる」など。
 
▲YouTuberへ依頼したコラボ動画の内容としては、新規ユーザーを対象としたゲームの紹介からチャンネルの特色を生かしたものなど、ジャンルは幅広い。
 
続いてホーム画面のUIについてもまとめてみました。
 
▲自身の都市内で挑戦できる「市街地開放戦」に勝利すると、アイテムや経験値を得られるだけでなく、区画が解放されて建設できる施設の数が増加します。また、都市内にある統計ステーションから、星ランキングやサーバー内のさまざまなランキングが確認可能。
 
ゲーム内コンテンツでは、定番のショップやチャットをはじめ、ストラテジーゲームならではの採集、攻撃(他ユーザー含む)、都市探索などさまざまな要素があります。なかでも採集、攻撃、都市探索は、マップから対象を選択して、自身の都市で強化・編成した部隊を派遣する、本作のメインコンテンツのひとつでもあります。
 
選択した対象が無人かつ手つかずの施設ならばリスクなく物資を確保できますが、NPCや他ユーザーが陣取っている場合は戦闘に突入。勝利できればアイテムや経験値を得られる、PVP的要素を持つコンテンツです。
 
また対象を都市廃墟に設定すると、都市探索が可能。同盟メンバーと協力して、ウェーブごとに強化されるゾンビの群れを攻略することになります。なお、1日に探索できる回数は決まっていますが希少な強化素材なども手に入ります。
 
▲部隊は、施設で募集可能なユニットで編成します。施設を強化するごとに強力なユニットを募集可能となります。
 
そして、動画広告でも度々ピックアップされているソロ用のタワーディフェンスモード、こちらも本作のメインコンテンツのひとつといえるでしょう。内容は、ウェーブ制で押し寄せるゾンビやモンスターを、タレットや装置などの「防御塔」を設置して撃退するというもの。既定の数の敵が拠点に到達してしまうとゲームオーバーとなります。
 
アイテム消費はなく何度でも挑戦可能で、クリアするとアイテムや経験値を獲得できます。ステージは複数用意されており、都市の発展を進めると挑戦できるステージや装置の強化段階などが増えます。
 
▲難易度はさほど高くはないですが、レベルが上がるごとにクリアに工夫が必要となります。また、都市レベルを一定まで上げると高難度のハードモードが解放されます。
 
そのほか「治療室」というコンテンツでは、感染者である「Lucy(名前の変更可)」を定期的に実行可能な「レギュラー治療」や、特定のアイテムなどを使用して治療していきます。
 
治療のレベルが進むと1日に数回アイテムを入手できる「探索」が行えるようになるほか、戦力増加に利用できるゾンビ兵の生成、負傷兵を回復できる生化学病院などが解除されていきます。なお、Lucyには3Dモデルが用意されており、治療を進めると傷や感染部分が治っていくほか、一定の段階まで治療すると、 Lucyの信頼度を上げられるミニゲームが解除されます。

▲Lucyに関わるストーリーも用意されているなど、彼女の魅力を感じさせるコンテンツとなっています。
 

【ゲームの根幹】育成・強化要素とマネタイズ

 
ここからは、ゲームの根幹を担う「育成・強化要素」と「マネタイズ」に触れていきます。
 
まず育成・強化要素について、キャラクターに関しては「レベルアップ」と「指揮官スキル」のふたつがあります。レベルアップは、敵撃破後の経験値やアイテムを用いて行うもので、指揮官スキルはレベルアップなどで手に入るスキルポイントを消費して、スキルを習得できるものです。
 
指揮官スキルには、パッシブスキルとアクティブスキルの2種類があり、前者は常時効果が発動、後者は任意のタイミングで使用できますが、再使用にはクールタイムの経過が必要となります。指揮官スキルの取得画面はツリー方式になっており、戦争・発展のカテゴリに分かれています。手前のスキルを取得すると、奥にあるスキルが獲得可能になります。
 
都市に建設できる施設のひとつ「テクノロジーセンター」では、各種テクノロジーを物資と時間をかけて研究していくことで、都市や部隊の能力を底上げができます。
 
▲「指揮官スキル」と「テクノロジーセンター」の画面
 
開発はカテゴリが資源・発展・都市防衛・軍事の4つに分かれています。それぞれ別のツリーが用意されており、手前の研究が完了すると、奥にある研究に着手できるようになります。上記で解説した指揮官スキルに形式が似ていますが、こちらは物資と時間をかけてツリーを進めることになります。
 
本作のマネタイズは、有償アイテムのゴールドの販売です。ゴールドは主にガチャやショップなどで使用します。ゴールドのラインナップは以下の通り。
 
【ゴールドのラインナップ】
・ゴールド 有償150個(120円)
・ゴールド 有償750個(610円)
・ゴールド 有償1500個(1,220円)
・ゴールド 有償3000個(2,440円)
・ゴールド 有償7500個(6,100円)
・ゴールド 有償15000個(12,000円)

 
なお、サブスクリプション商品は週額と月額の2種類を販売。週額のものを購入するとポイントを取得でき、一定の段階までたまると得られる特典が増加。月額のものは、値段と内容が異なる2種類が販売されています。
 
そしてガチャでは、「通常募集」と「上級募集」の2種類存在し、どちらも「~募集令」というアイテムを消費して回せます。またどちらも10連募集をする際は、募集令9枚で可能。なお、募集令はクエストの報酬やパック商品の購入で手に入りますが、ゴールドで直接交換することはできません。以下は2種類のガチャの特徴です。
 
●通常募集…
・1回につきアイテム「通常募集令」を消費
・レアな欠片の排出率は低め
・1日3回まで無料(5分のクールタイムあり)
 
●上級募集…
・1回につきアイテム「上級募集令」を消費
レアな欠片の排出率は高め

 
 
基本的には副官の入手が当たりで、欠片は主にランクアップ時に使用します。通常募集でも最高レア度のパープル副官は排出されますが、1.6%と確率は低いです。
 

【今後】ストラテジー×タワーディフェンスの妙

 

今回は、スパイスマートがゲーム企業向けに提供している「日本マーケットトレンドレポート(2020年11月号)」のストラテジーゲーム特集から、『Age of Z Origins』の一部を抜粋しました。レポート内では、ゲームサイクルやユーザー評価なども掲載しています。ぜひ、ご興味がある方は下記の問い合わせページからご連絡ください。
 
さて、今回の記事を通して『Age of Z Origins』の魅力・強みの一端を伝えることができました。
 
ゾンビというテーマをベースに、タワーディフェンス要素とストラテジーゲームを合わせたことが特徴的な本作。なかでもタワーディフェンスモードは、「たまにプレイすると楽しい」という絶妙な立ち位置にいると感じました。都市の開発具合によって難易度が変わるため、毎回新鮮な気持ちで遊べることも魅力のひとつでしょう。
 
 
一方、ほかのストラテジーゲームにもあるような、古参・課金ユーザーによる新規ユーザー狩り問題は本作でも見受けられます。やはり長く遊ぶためには、ある程度の課金要素は求められるのかもしれません。とはいえ「同盟を組んだら解決した」「盟友ユーザーとのプレイが楽しい」などの意見もあるため、他ユーザーとのコミュニケーションがより重要となるゲームであることも確かです。
 
「日本マーケットトレンドレポート」では、売上・ダウンロードランキングや主要タイトルの運用データの総括・分析、注目のプロモーション事例や新規タイトル情報など、 定番情報に加え旬のテーマをピックアップしています。ぜひ、ご興味がある方はお問い合わせページからご連絡ください。
 

Sp!cemart
カレンダー・レポート
お問い合わせ

 
■執筆 <株式会社スパイスマート>
スマートフォンゲーム内運用に関する調査・分析を行うリサーチ事業とコンサルティング事業を展開しており、「LIVEOPSIS(ライブオプシス)」というサービス名称で各種ソリューションを提供。

コーポレートサイト:http://corp.spicemart.jp/
Sp!cemart 商品に関する問合せ:info@spicemart.jp
 

■Sp!cemartゲームアプリ調査隊 バックナンバー

Vol.1 〜待望のシリーズ最新作『マリオカート ツアー』、リリースから直近1ヵ月の運営施策を探る〜

Vol.2 〜新作リズムゲーム『欅坂46・日向坂46 UNI'S ON AIR』、リリースから直近1ヵ月の運営施策を探る〜

Vol.3 〜初週で全世界1億DLを記録した『Call of Duty®: Mobile』、リリースから直近1ヵ月の運営施策を探る〜

Vol.4 〜Riot Games大特集。新作『Team Fight Tactics』の概要から『LoL』の直近プロモ・e-Sports施策まで〜

Vol.5 流入から定着まで繋げた7つの施策…大ヒット中の『FFBE 幻影戦争』、事前登録からリリース直後の施策を総まとめ

Vol.6 事前プロモ(ほぼ)なし…突如配信された『ワールドフリッパー』ヒットの背景。リリース前後の施策を分析

Vol.7 運営7周年を迎えた長期運営タイトル『にゃんこ大戦争』…長く愛される理由をゲーム“内外”の施策から分析

Vol.8 好調なリスタートを切った『魔界戦記ディスガイアRPG』、リリース中断から再開までの8ヵ月間の動向を分析

Vol.9 大ヒット中の『デュエル・マスターズ プレイス』、売上ランキング2位の背景をIP×マネタイズの観点から分析

Vol.10 スマホ向けパズルゲームのトップを走る『ガーデンスケイプ』の施策とシリーズの強みを分析

Vol.11 海外発のストラテジーゲーム『Rise of Kingdoms -万国覚醒-』がヒットの兆し。リリース前後の施策を分析

Vol.12 ヒットを生み出し続けるYostar待望の新作『アークナイツ』を分析。リリース前施策からマネタイズまで

Vol.13 売上ランキングTOP10入りの『メダロットS』を分析。既存ファンに向けた「メダロット」ならではの露出も

Vol.14 ゲームはスローライフだが運営施策は挑戦的…『どうぶつの森 ポケットキャンプ』これまでの歩み

Vol.15 目指したのは「リアルなミニ四駆体験の追求」…『ミニ四駆 超速グランプリ』ヒットの背景を分析

Vol.16 『モンスト』×「鬼滅の刃」コラボを分析…IP頼りで終わらず、推奨行動など多様な施策で盛り上げる

Vol.17 放置ゲームの新たな形『ロストディケイド』の挑戦。“放置させない”循環や独自性の高いマネタイズも

Vol.18 『モンスターハンター ライダーズ』はゲーム系IP作の新境地。改めて考えるモンスターの価値と魅力

Vol.19 原作再現度の高さで話題沸騰――大ヒット中『このファン』のゲーム内外施策を調査

Vol.20 新旧ではなく共存共栄――『あんさんぶるスターズ!!Basic&Music』リリース前後のゲーム内外施策を調査

Vol.21 周年施策から辿る『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』大ヒットの背景。1・2・3周年でなにが起こったのか

Vol.22 原作の裾野を広げる『ヒプノシスマイクARB』。話題沸騰の「ヒプマイ」ゲームアプリのリリース前後施策を分析

Vol.23 『ディズニーツイステッドワンダーランド』TOP3入りの背景。ゲーム内外の演出と注目ポイントを分析

Vol.24 無料DL・セルラン共に急上昇――最新作『あつ森』発売後、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』で何が起こったのか

Vol.25 中国テンセントゲームズが放つ近未来MMORPG『コード:ドラゴンブラッド』が大ヒット。国内ユーザーに響いた理由を探る

Vol.26 セルラン首位を2度獲得した『FFBE 幻影戦争』。該当期間にフォーカスして徹底分析

Vol.27 放置ゲームの新たなヒット作『魔剣伝説』。“縦画面のMMORPG”を謳った功罪からゲーム概要まで

Vol.28 『Ash Tale~風の大陸~』が1周年。人気を継続する背景をゲーム内施策から紐解く

Vol.29 原作と二次創作へのリスペクトに満ち溢れた『東方LostWord』。大ヒット中の東方×スマホゲームの施策を分析

Vol.30 勢いが止まらない『ディズニー ツイステッドワンダーランド』…ランキング上位を維持する背景とその魅力

Vol.31 最近話題の「ハイパーカジュアルゲーム」。人気タイトル3本のマネタイズと画面UIを徹底分析

Vol.32 硬派な海外IPタイトルでも中身は日本人好み…『Fallout Shelter Online』国内ヒットの背景を分析

Vol.33 『白猫プロジェクト』×「鬼滅の刃」コラボを分析…新規・休眠復帰ユーザーの流入にも大きく貢献

Vol.34 間もなく夏本番。長期間展開する「夏休み施策」で各社どのような取り組みを行っているのか

Vol.35 リニューアルから早3ヵ月…『あんさんぶるスターズ!!Basic/Music』が示した共存共栄と5年間の厚み

Vol.36 リリース1週間でセルランTOP10入りを果たした新進気鋭の放置型RPG『AFKアリーナ』、国内ヒットの背景を分析

Vol.37 国内を賑わす“ケモガールRPG”『レッド:プライドオブエデン』とは。キャラの魅力を存分に引き出す演出と施策を分析

Vol.38 セルラン最高1位の『ドラゴンクエストタクト』ヒットの背景を分析。信頼と懐かしさと、裾野を広げた関連作の存在

Vol.39 歴代キャラの支えと、新規性に富んだオリジナル要素のチャレンジ。『テイルズ オブ クレストリア』のリリース前後を分析

Vol.40 セルラン1位を獲得した『アークナイツ』。該当期間にフォーカスして徹底分析

Vol.41 『ドラゴンクエストタクト』配信から1ヵ月。セルラン1位を3度も獲得した背景に「りゅうおう」の存在

Vol.42 コロナ禍、初めての夏、間もなく1周年…人気が衰えることのない『ドラゴンクエストウォーク』の夏施策を調査

Vol.43 5周年を迎えた『アイドリッシュセブン』。休眠ユーザーに訴求したSSR7人確定の「無料77連ガチャ」が話題

Vol.44 リリースから半年の『このファン』を調査。夏施策も話題になったこれまでと、次の周年に向けたこれから

Vol.45 飛ぶ鳥を落とす勢いの『AFKアリーナ』。放置系ゲームとしての魅力・強みはどこにあるのか

Vol.46 大人気ラノベが遂にスマホRPGへ。セルランTOP5入りを果たした『リゼロス』ヒットの背景を探る

Vol.47 『FGO』5周年ゲーム内外施策を分析。多角的な取り組みで無料DLランキングも急浮上

Vol.48 シリーズ35周年の集大成『三國志 覇道』がヒット。“国内発のストラテジーゲーム代表”として期待

Vol.49 『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』ヒットの背景と今後に期待できる3つの理由

Vol.50 全世界2500万人が体験した聖闘士たちの躍動。海外開発の『聖闘士星矢 ライジングコスモ』が日本でヒットした背景

Vol.51 中国bilibiliの新作『ファイナルギア』がスマッシュヒットを記録中。その勢いをゲーム内外から分析

Vol.52 話題沸騰の『D4DJ Groovy Mix』、事前プロモからリリース直後の施策まで分析

Vol.53 『オクトパストラベラー 大陸の覇者』はシングルプレイRPGに根ざした運営。リリース前後の状況を分析

Vol.54 『原神』ヒットの軌跡。 リリース前後の施策から読み解く

Vol.55 『モンスターストライク』7周年施策を分析。長期運営タイトルとして仕掛けたゲーム内外施策を探る

Vol.56  1周年を迎えた『FFBE幻影戦争』。「FFX」コラボや有償1幻導石ショップなど気になる施策をピックアップ

Vol.57  ランキング急上昇中の『にゃんこ大戦争』。日本にエールを送る、 明るく楽しい8周年施策を調査

Vol.58 戦略性に富むバトルが話題の『イリュージョンコネクト』、リリース前後の施策を分析

Vol.59 『ジャンプチ ヒーローズ』、「鬼滅の刃」コラボで急浮上。劇場版が未曾有の大ヒットを見せるなかどのような施策を打ち出したのか
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Camel GamesSp!cemartゲームアプリ調査隊スパイスマート

企業情報(株式会社スパイスマート)

会社名 株式会社スパイスマート
URL http://corp.spicemart.jp/
設立 2015年7月
代表者 張青淳
決算期
直近業績 非開示
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事