決算まとめ、enishに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【決算まとめ②】ゲーム関連企業31社の10-12月は営業赤字...

【決算まとめ②】ゲーム関連企業31社の10-12月は営業赤字企業が7社に増加 周年反動と『テイクレ』苦戦でKLabが赤字に 『ごとぱず』貢献のenishは黒字転換

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
主要モバイルゲーム企業の2020年10~12月期の決算を引き続き振り返ってみたい。今回は、この四半期の営業赤字計上企業についてを取り上げたい。

この四半期に営業赤字を計上した企業は、データ集計対象の31社中、7社となった。前四半期には4社と大幅な収益性の改善が見受けられたが、そこからはやや赤字企業が増加する結果となった。

営業赤字を計上したのは、KLab<3656>、モブキャストHD<3664>、オルトプラス<3672>、アエリア<3758>、ケイブ<3760>、バンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>、ブシロード<7803>の7社で、このうちKLabとアエリア、ケイブ、ブシロードとが前四半期の営業黒字から赤字に転落した。

KLabは、主力タイトルが周年イベントの反動で落ち込んだことに加え、『テイルズ オブ クレストリア』の売上がスタート当初より落ち込んだことが大きく、この10~12月期は大きく減速した形となった。次の四半期でここからの立て直しが図れるのかどうか、注目されるところだ。
 

一方、この10~12月期で黒字転換を果たしたのは、enish<3667>1社のみとなる。enishは、2020年10月にリリースした新作『五等分の花嫁 五つ子ちゃんはパズルを五等分できない。』の運営成績が好調に推移し、売上が大きく伸びたことが黒字転換の要因となった。また、収益構造の改革でコスト圧縮が進んだこともプラスに働いている。

なお、同社は、4月1日付での本社の再移転が決定するなど、さらなるコスト圧縮の動きも進めており、今後も黒字体質を定着させていくことができるのかが次の課題となってくるだろう。

【関連記事】
【決算まとめ①】ゲーム関連企業31社の10-12月…『天穂のサクナヒメ』が大ヒットのマーベラスや「鬼滅」コラボが奏功したガンホーが躍進

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( enish決算まとめKLab

企業情報(KLab株式会社)

会社名 KLab株式会社
URL http://www.klab.com/jp/
設立 2000年8月
代表者 森田英克
決算期 12月
直近業績 売上高339億円、営業利益21億円、経常利益15億円、最終利益7億6千万円(2020年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3656

企業情報(株式会社enish)

会社名 株式会社enish
URL http://www.enish.jp/
設立 2009年2月
代表者 安徳孝平
決算期 12月
直近業績 売上高43億8200万円、営業損益9億1400万円の赤字、経常損益9億1100万円の赤字、当期純損益9億8200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3667

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事