20年9-11月決算、ヘッドロックに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ヘッドロック、20年11月期の最終利益は4.3%増の1億29...

ヘッドロック、20年11月期の最終利益は4.3%増の1億2900万円…『とある魔術の禁書目録 幻想収束』『ガンダムオンライン』を開発・運営

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲーム開発のヘッドロックの2020年11月期(第20期)の決算は、最終利益が前の期比で4.3%増の1億2900万円だったことがわかった。前の期の実績はが1億2300万円だった。

同社は、『ディプスファンタジア』や『エミル・クロニクル・オンライン』『ベルアイル』『Wizardry Online』などPCオンラインゲームの開発で実績があげていた。

その後、『Kingdom Conquest』からスマートフォンゲームの開発に注力。『乖離性ミリオンアーサー』『交響性ミリオンアーサー』などを手掛けた。

現在は、『とある魔術の禁書目録 幻想収束』(スクウェア・エニックス)や『グラフィティスマッシュ』(マイネットゲームス)、『機動戦士ガンダムオンライン』などの開発・運営を行っている。

業績推移は以下のとおり。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 20年9-11月決算ヘッドロック

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事