20年11月-21年1月決算、gumiに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > gumi、第3四半期は経常益133%増の28.3億円と大幅増...

gumi、第3四半期は経常益133%増の28.3億円と大幅増益 『FFBE幻影戦争』中心にモバイルゲーム好調 暗号資産評価益や投資利益も押し上げ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
gumi<3903>は、第3四半期累計(2020年5月~2021年1月)の決算を発表し、売上高148億4500万円(前年同期比1.9%増)、営業利益18億5400万円(同42.9%増)、経常利益28億3700万円(同133.0%増)、最終利益15億9800万円(同272.5%増)と大幅増益を達成した。

主力のモバイルオンラインゲームで既存タイトルに加えて、『WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争(FFBE幻影戦争)』が好調に推移したことが主な要因だ。

また、VR FUNDの投資先の時価上昇に伴う持分法による投資利益2億1400万円、暗号資産評価益2億5200万円を営業外収益に計上したことも経常利益を押し上げる結果となった。


・売上高:148億4500万円(前年同期比1.9%増)
・営業利益:18億5400万円(同42.9%増)
・経常利益:28億3700万円(同133.0%増)
・最終利益:15億9800万円(同272.5%増)


セグメント別の状況は以下のとおり。


■モバイルオンラインゲーム事業
売上高は147億7200万円(前年同期比1.5%増)、営業利益は20億1200万円(前年同期比16.4%増)となった。

売上高に関しては、同社既存主力タイトルである『ファントム オブ キル』、『誰ガ為のアルケミスト』、『クリスタル オブ リユニオン』及びスクウェア・エニックスとの協業タイトル『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』が堅調に推移したことに加え、スクウェア・エニックスと共同開発し2020年4月期に配信を開始した『FFBE幻影戦争』が国内外で好調に推移し、売上に大きく寄与した。営業利益に関しては、売上高の増加に加え、費用対効果を重視した効率的なプロモーションの実施により広告宣伝費が減少したことが奏功した。


■XR事業
営業損失は1億2200万円(前年同期は2億7900万円の営業損失)となった。

Tokyo XR Startups等におけるインキュベーションプログラムを通じ、世界を代表する企業の育成と輩出を目指して国内外のXR市場におけるスタートアップ企業に対し様々な支援を提供した。

また、同社グループがジェネラル・パートナーとして参画しているVenture Reality Fundを通じたグローバル投資を実行し、有力な技術・コンテンツ・人材を保有する企業との戦略的な連携を図ってきた。


■ブロックチェーン事業
売上高は7200万円(前年同期比270.3%増)、営業損失は3400万円(前年同期は1億5200万円の営業損失)となった。

主にgumi Cryptosで行っているコンセンサスノードの運営売上が寄与した。また、引き続きgumi Cryptosを通じ、新たなテクノロジーを活用する世界各国のブロックチェーン企業に対し、様々な支援を提供した。



なお、2021年4月通期業績予想は非開示。「当社グループを取り巻く事業環境は短期的な変化が激しいことから、当社グループの業績の見通しについては適正かつ合理的な数値の算出が困難であるため、業績予想の開示をしておりません」としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( gumi20年11月-21年1月決算

企業情報(株式会社gumi)

会社名 株式会社gumi
URL http://gu3.co.jp/
設立 2007年6月
代表者 國光宏尚
決算期 4月
直近業績 売上高259億円、営業利益16億円、経常利益17億円、最終利益13億円(2017年4月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3903

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事