ディー・エヌ・エー(DeNA)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 横浜DeNAベイスターズ、20年12月期は最終利益65%減の...

横浜DeNAベイスターズ、20年12月期は最終利益65%減の5.2億円…新型コロナの影響受けるも黒字確保

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
横浜DeNAベイスターズの2020年12月期(第67期)の決算は、最終利益が65.6%減の5億2400万円だった。前の期(2019年12月期)の実績は、15億2500万円だった。新型コロナの影響を受けたものの、黒字を確保した。4月7日付けの「官報」に掲載した決算公告で判明した。
 
親会社のディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は以下のようにコメントしている。

例年3月下旬より開幕となるプロ野球の公式戦は、2020年シーズンは6月19日からの開幕となり、11月までの間に行われた。とりわけ開幕当初は、無観客での試合開催となり、その後、観客数の上限は段階的に緩和したものの、新型コロナウイルス感染症の拡大が影響した。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ディー・エヌ・エー(DeNA)横浜DeNAベイスターズ

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事