JP GAMESに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > JP GAMES、2020年12月期は最終損失1.63億円 ...

JP GAMES、2020年12月期は最終損失1.63億円 決算期変更 世界初の公式パラリンピックゲーム『THE PEGASUS DREAM TOUR』を開発中

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲーム会社のJP GAMESの第3期(2020年12月期)の決算は、最終損失が1億6300万円だった。これまで10月期決算だったが、12月期に変更したようである。2020年10月期の実績は、最終損失5315万1000円だった。4月16日付の「官報」に掲載された決算公告で判明した。

同社は、スクウェア・エニックスで、『ファイナルファンタジーXV』や『クライシスコア -ファイナルファンタジーVII-』『ファイナルファンタジー 零式』などを手掛けた田畑 端氏が昨年4月に設立した会社だ。

現在、世界初となるIPC公式パラリンピックゲーム『THE PEGASUS DREAM TOUR』について、2021年に全世界ローンチに向けて開発を行っているという。開発のための先行投資を行っている状況にある。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( JP GAMES

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事