21年1-3月決算、Aimingに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > Aiming、第1四半期は売上高216%増の35.3億円、営...

Aiming、第1四半期は売上高216%増の35.3億円、営業益5.6億円と大幅増収・黒字転換 予想上回る着地 『DQタクト』好調持続、受託売上も貢献

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
Aiming<3911>は、第1四半期(21年1~3月)の決算を発表し、売上高35億3700万円(前年同期比216.9%増)、営業利益5億6600万円(前年同期は1億4600万円の損失計上)、経常利益5億2000万円(前年同期は1億4800万円の損失計上)、最終利益4億3600万円(前年同期は1億5500万円の損失計上)と大幅増収・黒字転換に成功した。スクウェア・エニックスとの共同タイトル『ドラゴンクエストタクト』の運営成績が寄与したものと見られる。


・売上高:35億3700万円(前年同期比216.9%増)
・営業利益:5億6600万円(前年同期は1億4600万円の損失計上)
・経常利益:5億2000万円(前年同期は1億4800万円の損失計上)
・最終利益:4億3600万円(前年同期は1億5500万円の損失計上)


なお、当初の計画に対して、売上高で1億9700万円、営業利益で1億5700万円、経常利益で1億5800万円、最終利益で9000万円上回るなど好調な着地となった。

同社では、その要因について、オンラインゲーム事業の主力タイトルである『ドラゴンクエストタクト』の新キャラクターが好評だったことなどにより売上高が好調に推移したことや、受託開発案件においては、納品後の検収期間が予定より早まった結果、売上高が予想を上回った、としている。

一方、費用面においては、広告宣伝費や業務委託費を抑制したものの、オンラインゲーム事業の 売上高に伴う変動費の増加や、受託開発案件の検収に伴う開発費用の計上があったため、売上原価および販管費の合計は微増となった。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 21年1-3月決算Aiming

企業情報(株式会社Aiming)

会社名 株式会社Aiming
URL http://aiming-inc.com/
設立 2011年5月
代表者 椎葉 忠志
決算期 12月
直近業績 売上高68億2900万円、営業損益29億4900万円の赤字、経常損益29億4700万円の赤字、最終損益29億7200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3911

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事