Bytedanceに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ByteDance、20年12月期は最終利益が59.8%増の...

ByteDance、20年12月期は最終利益が59.8%増の2億5800万円…「TikTok」など運営

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ByteDanceの2020年12月期(第5期)の決算は、最終利益が前の期比で59.8%増の2億5800万円だった。前の期(2019年12月期)の実績は、最終利益が1億6200万円だった。子会社にあたるTikTokについては、最終損失が139万円だった。

同社は、中国・北京字節跳動科技(バイトダンス)の日本法人にあたる。人気ショートムービーアプリ「TikTok(ティックトック)」などの運営を行っていることで知られている。

このほか、BtoB向けのオフィスツール「Lark」や、ショートビデオプラットフォーム「Vigo Video」のほか、「BuzzVideo」「Ulike」なども提供している。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Bytedance

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事