21年1-3月決算、enishに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【決算レポート】enish、第1四半期は好調『ごとぱず』とコ...

【決算レポート】enish、第1四半期は好調『ごとぱず』とコスト削減奏功し2四半期連続の黒字を確保 テレビCM実施で利益水準は前四半期に比べて低下

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


enish<3667>の2021年12月期の第1四半期(1~3月)の決算は、売上高12億1300万円(前四半期期比QonQ2.7%減)、営業利益5400万円(同3.4%減)、経常利益4500万円(同57.3%減)、最終利益3600万円(同36.3%減)と減収減益だったものの、前期第4四半期に続いて2期連続の黒字化を達成した。


・売上高:12億1300万円(前四半期比2.7%減)
・営業利益:5400万円(同3.4%減)
・経常利益:4500万円(同57.3%減)
・最終利益:3600万円(同36.3%減)


『ぼくのレストランII』や『ガルショ☆』などブラウザゲームは引き続き安定した水準を維持する一方、新規タイトル『五等分の花嫁 五つ子ちゃんはパズルを五等分できない。(ごとぱず)』がプロモーション強化で好調を維持し、売上高はほぼ横ばいとなった。
 


営業利益については大きく減ったが、『ごとぱず』関連のテレビCMを実施するなど広告宣伝費を増やしたことが響いた格好だ。広告宣伝費は前四半期から7800万円増やして1億2500万円となった。
 


その一方で、労務費と外注費を中心とする費用は削減し、支払手数料(原)・広告宣伝費を除くコストはQonQ4.3%減とコントロールした、としている。収益構造の改革が実を結んだともいえる。
 


なお、今後の開発タイトルについては、優良IP案件のパイプラインが3~4本になっているとのこと。新規タイトルは年間1~2本ペースでリリースして利益を積み上げていく考え。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 21年1-3月決算enish決算レポート

企業情報(株式会社enish)

会社名 株式会社enish
URL http://www.enish.jp/
設立 2009年2月
代表者 安徳孝平
決算期 12月
直近業績 売上高43億8200万円、営業損益9億1400万円の赤字、経常損益9億1100万円の赤字、当期純損益9億8200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3667

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事