決算レポート、ガンホー・オンライン・エンターテイメントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【決算レポート】ガンホー、第1四半期の営業益は倍増 9周年迎...

【決算レポート】ガンホー、第1四半期の営業益は倍増 9周年迎えた『パズドラ』&多彩な展開際立つラグナロクタイトルが貢献

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>は、2021年1~3月の決算説明資料を公開し、売上高291億4600万円(前年同期比45.9%増)、営業利益105億7200万円(同100.6%増)と大幅な増収増益を達成した。ガンホー本体が好調だったことに加えて、子会社Gravityも売上を伸ばした。前四半期に比べて休日や営業日数が少なかったものの、引き続き高水準の売上・利益を達成した。
 


増収増益の大きな要因は、主力タイトル『パズル&ドラゴンズ』の運営成績が引き続き好調に推移したことだ。9周年記念イベントや、有名IPとのコラボイベント、季節イベントなどを実施した。既存ユーザーはもちろん、新規ユーザーの獲得・休眠ユーザーの復帰などを行い、MAUは堅調だった。前四半期に比べると低下しているが、前年同期を上回った。
 


子会社Gravityも好調だった。売上高は前年同期比54.8%増の93億1400万円だった。2017年第1四半期時点で一時はグループに占める売上は10%未満だったが、この四半期は32%に到達した。
 


『Ragnarok M』や『Ragnarok Origin』、『Ragnarok X: Next Generation』などラグナロクシリーズタイトルが好調な売上を記録した。『Ragnarok Origin』と『Ragnarok X: Next Generation』については旧正月イベント・アップデートが好評だったそうだ。『Ragnarok X』については6月に東南アジアでリリースする予定。
 



なお、新作パイプラインはスマートフォンと家庭用ゲームソフト向けで合計7本となる。前回からは変更はない。
 


また、Gravityのラインナップは以下のとおり。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 21年1-3月決算ガンホー・オンライン・エンターテイメント決算レポート

企業情報(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)

会社名 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
URL http://www.gungho.co.jp/
設立 1998年7月
代表者 森下一喜
決算期 12月
直近業績 売上高923億円、営業利益343億円、経常利益343億円、最終利益223億円(2017年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3765

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事