KADOKAWAに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(6/9)】KADOKAWAが6日続伸…4月1...

【ゲーム株概況(6/9)】KADOKAWAが6日続伸…4月14日の年初来高値4785円が視野に コナミHDやカプコンなど大手ゲームの一角に利益確定売り

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
6月9日の東京株式市場では、日経平均は続落し、前日比102.76円安の2万8860.80円で取引を終えた。米国でフィラデルフィア半導体株指数が下落したことを受けて、国内市場も半導体関連株を中心に売り物が先行した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、モブキャストHD<3664>やネクソン<3659>、イマジニア<4644>などが買われた。

また、KADOKAWA<9468>が6日続伸し、4月14日の年初来高値4785円を視野にとらえてきた。KADOKAWAは、この日の大引け後には、ポーカーをモチーフにしたメディアミックスプロジェクト「HIGH CARD」の発表も行っており、高値更新への期待がかかるところだ。

ほか、主力株ではミクシィ<2121>やコロプラ<3668>などがしっかり。

半面、コナミHD<9766>やカプコン<9697>、コーエーテクモHD<3635>など大手ゲーム株の一角が安く、東映アニメ<4816>やブシロード<7803>、ギークス<7060>などもさえない。大手ゲーム株は直近に証券会社のレーティング・目標株価の変更で買われていた銘柄も多く、利益確定の売りが出ているようだ。

なお、明日6月10日には、ワンダープラネット(市場コードは「4199」)とテンダ(市場コードは「4198」)の上場が予定されており、その船出がどのような形となるのか注目される。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( KADOKAWA

企業情報(株式会社KADOKAWA)

会社名 株式会社KADOKAWA
URL http://www.kadokawa.co.jp/
設立 1954年4月
代表者 松原眞樹/井上伸一郎
決算期 3月
直近業績 売上高2086億0500万円、営業利益27億0700万円、経常利益42億0500万円、最終損益40億8500万円の赤字(2019年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 9468

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事