スマホアプリ&ソーシャルゲームブロックチェーン記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > JPYCとCAWA in Tokyo実行委員会、フィジカル・...

JPYCとCAWA in Tokyo実行委員会、フィジカル・バーチャルでNFTアートフェスを開催中 ステーブルコインJPYCでドリンクチケットが購入可能

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


JPYCとCAWA in Tokyo 実行委員会は、フィジカルとバーチャルを融合したNFTアートフェス「Crypto Art Week Asia in Tokyo」を開催している。

本アートフェスは、アジアで開催されるNFTの祭典「Crypto Art Week Asia (クリプトアートウィーク・アジア)」(以下、CAWA)の東京会場となる。開催期間は、フィジカル会場はCIRCUS Tokyo(東京都渋谷区)で7月16日 まで。バーチャル会場はCryptoVoxels会場7月17日 まで。

フェスは、フィジカル・バーチャルの両会場でNFTアートを実空間で鑑賞、体験して、その場で購入することが可能。フィジカル会場では、ドリンクチケットをJPYCが発行するステーブルコインJPYCで購入することもできる。

 
■Crypto Art Week Asia (クリプトアートウィーク・アジア)とは
CAWAはシンガポールで誕生したクリプトアーティスト・ファーストを掲げるフェスティバル/展覧会。新しく革命的なテクノロジーを称賛しながらクリプトアートのコミュニティをより強固なモノへとすることを目的としている。MetakovanやTwobadourをはじめとするクリプトアート界の著名人を招き、バーチャルとフィジカルで開催している。

フィジカルでは本拠地シンガポールを中心にアジア各地のシンガポール・日本(東京・大阪)・韓国・中国の全5会場で開催し、バーチャルではアジア100箇所以上のメタバース(バーチャル会場)にて同期間に開催、それぞれの会場がリンクで接続している。

URL:https://www.cryptoartweekasia.com/

期間:2021年7月9日 ~7月17日 

■Crypto Art Week Asia in Tokyo
東京サイドでは「CAWA in Tokyo」としてフィジカルとバーチャルのNFTアート展覧会を同時開催している。フィジカル会場は、人気を博すエンターテイメントスペース CIRCUS Tokyo(東京都渋谷区)。

NFTアートのテクノロジーを更に身近に感じてもらえるよう様々な工夫を凝らしており、出展作品はバーチャル会場、フィジカル会場ともにリンク先のマーケットプレイスで購入可能となっている。

CAWA in Tokyo 開催概要
・名称 :Crypto Art Week Asia in Tokyo (クリプトアートウィークアジア・イン・トーキョー)
・略称 :CAWA in Tokyo(カワ・イン・トーキョー)
​・URL :https://cryptoart.tokyo/cawa/
・Twitter  :https://twitter.com/CryptoArtWeekA1
・主催 :CAWA in Tokyo 実行委員会
・共催 :JPYC
・協賛
プラチナスポンサー:nanakusa by Smartapp
ゴールドスポンサー:Alim Pixel Art team Produced by double jump.tokyo
シルバースポンサー:lev
ブロンズスポンサー:G4L
ミスティカルスポンサー:VJyou
ミラクルスポンサー:MiraCreative

【バーチャル会場】
2021年7月9日 ~7月16日 の期間、33組のアーティストが出展する形で開催中。ブロックチェーン上の仮想空間プラットフォームCryptovoxelsを利用しており、スマートフォンやPCのブラウザで誰でも簡単にアクセスすることができる。

バーチャル会場URL:
https://www.cryptovoxels.com/play?coords=W@6676W,9N&fbclid=IwAR2xZhYFQXyWVUEJipTWAjLhzDeibjI-gt06BBAimD62addmPK2mjkllpYA

【フィジカル会場】
2021年7月12日 ~7月16日 の期間、14組のアーティストが出展する形で開催中です。特別協賛であるnanakusaからも公認アーティストの作品を多数出展している。NFTアートがデジタルアートフレームや実際のフィジカルアートの形で展示され、7/13 、7/14 には国内NFTプロジェクトによる特別トークプログラムを開催する。フィジカル会場にて日本円ステーブルコイン「JPYC」でドリンクを買うことができる体験スペースも用意している。

会場 :CIRCUS TOKYO (東京都渋谷区渋谷3-26-16:渋谷駅新南口より徒歩3分)
実施日:2021年7月12日 ~7月16日 各日14:00-20:00
入場料:1600円/1日


【期間中プログラム】*緊急事態宣言下のため、各プログラム人数制限の可能性あり
7月13日 SPONSOR TALK SESSION : Alim Pixel Art team Produced by double jump.tokyo
7月14日 SPONSOR TALK SESSION : nanakusa
7月16日 SPONSOR SHOW : Live:MISOSHITA/POiNT   DJ:NARI


【参加クリエイター】
アジアを拠点とするクリプトアーティスト総勢300名の中から日本在住もしくは海外に居住地を置く日本人アーティストの中から選抜されました。人々の共感を得れるストーリーを兼ね備えるクリエィティブな作品に加えて、各クリエイターにとっての日本を表現できる作品を選出している。
 
【NFTとは】
ノン・ファンジブル・トークン(非代替性トークン)の略。ブロックチェーン・イーサリアムを活用してアートを含むデジタルアセットを非代替可能な代用貨幣=トークンとして購入したり譲渡された物の所有権・証明書・データを指する。市場としては2021年2月から盛り上がりを見せており、2021年1-5月売上は約1950億円(2020年:約350億円)と急成長。夏以降国内大手企業の参入で更に市場は活性化されるとの予想がある。

【JPYCでのドリンクチケット購入】
東京会場でのドリンクチケット購入の決済手段としてJPYCが利用可能。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事